TAKURO、横浜でお酒と共に楽しむソロライブ開催 GLAYの25周年に「共に歩んで行きましょう!」

TAKURO、横浜でお酒と共に楽しむソロライブ開催 GLAYの25周年に「共に歩んで行きましょう!」
撮影/岡田裕介

GLAYのリーダーでありギタリストであるTAKUROが、Motion Blue yokohamaにて12月25日(火)、26日(水)の2日間、ソロインストライブを行った。

かねてよりTAKUROは「このソロワークスは、お酒を飲みながら楽しんでもらいたい音楽」と語っており、ライブを行うシチュエーションとしては最高の会場での開催となった。夜景が美しい、赤レンガ倉庫にあるステージとあって、会場に向かう人からは、ライブに行くというよりは、ディナーに行くといった雰囲気が感じ取れた。

会場の中は各々お酒を楽しんだりと、落ち着いた雰囲気が漂っており、その穏やかな空気と共にステージ後方からTAKUROが登場。GLAYのド派手な演出登場とは異なり、ジャジーな雰囲気を漂わせながらライブは始まった。

1曲目は2016年にリリースされた、1stアルバムより「Lullaby」。心地よいリズムに合わせたギターとサックスの掛け合いが心地よいナンバーである。会場が暖まれば、続いては2ndアルバムに収録予定の新曲「Swingin' Tokyo 2020」。こちらはクリスマスを匂わせた、このシーズンにはぴったりの楽曲だ。楽曲全体のメロディはスウィングしているのに、ギターが奏でるメロディが心地よいのは、さすがTAKURO節と言える。

「まだ明日は仕事って人もいるのかな? それなら明日のことを忘れるくらい熱い夜にしましょう!」とTAKUROは語りかけ、昨年のライブからお馴染みの新曲「TIMELESS WONDER」を披露。ジャジーな演奏とTAKUROらしいキャッチーなメロディを楽しむことができるナンバーだ。

あわせて読みたい

  • TAKURO(GLAY) Gibsonショールームでイベント開催、箭内道彦とプレミアムトーク

    TAKURO(GLAY) Gibsonショールームでイベント開催、箭内道彦とプレミアムトーク

  • GLAY、20数年間が詰まったモバイル会員10周年記念ツアーが地元北海道でファイナル

    GLAY、20数年間が詰まったモバイル会員10周年記念ツアーが地元北海道でファイナル

  • TERU(GLAY)、日・中・韓 多国籍ボーイズグループ「PENTAGON」のデビュー曲を提供

    TERU(GLAY)、日・中・韓 多国籍ボーイズグループ「PENTAGON」のデビュー曲を提供

  • GLAY 「GLAY MOBILE」の発足10周年を記念したZeppツアーがスタート

    GLAY 「GLAY MOBILE」の発足10周年を記念したZeppツアーがスタート

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年12月27日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース