超特急、アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』完走 「8号車の皆さんと来年も新しい道を」

超特急、アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』完走  「8号車の皆さんと来年も新しい道を」
撮影/米山三郎、深野輝美

6人組ダンス&ボーカルグループの超特急が、年末のアリーナツアー『GOLDEN EPOCH』の最終公演を12月27日(木)に大阪城ホールで開催した。初日のさいたまスーパーアリーナ公演ではグループ史上最大の2万3千人を動員していた彼らだが、今ツアーの総合演出を務めるユーキが「さいたまと大阪ではまったく違うライブになる」と予告していた通り、セットリストはもちろん、演出や衣装も初日とはガラリと異なるものに。11月にリリースした同名の最新アルバム収録曲も組み込みながら、史上初のメインダンサー&バックボーカルグループとしての真価を見せつけるハイレベルなステージと、彼らの“GOLDEN EPOCH=黄金時代”の到来を予感させるサプライズ満載のメニューで、立見を含め1万3千人の8号車(超特急ファンの呼称)と共に、超特急の2018年を華やかに締めくくった。

超特急が大阪城ホールでワンマンを行うのは今年の1月6日に続き2度目だが、今回は12月26・27日の2デイズに拡大した上、初日と合わせてツアー全3公演のチケットは即日完売。しかも結成7周年の記念日となった12月25日には、UNIVERSAL STUDIOS JAPANでスペシャルライブも行なっている。つまり、この大阪公演は8年目最初のステージであり、中でもWOWOWの生中継も入った27日はトータル3デイズの最終日として、ひときわ充実度の高いライブとなった。

昨今のツアーではメンバーそれぞれがライブ制作に携わっており、開演前にはリーダーのリョウガによるウィットに富んだアナウンスも。期待にはやる8号車の心をひと時ゆるめるものの、壮大なオーバーチュアから電車の発車ベルが鳴り、「Beasty Spider」のイントロが流れれば、その空気は一変する。

超特急、アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』完走  「8号車の皆さんと来年も新しい道を」
撮影/米山三郎、深野輝美

超特急、アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』完走  「8号車の皆さんと来年も新しい道を」
撮影/米山三郎、深野輝美


予想外の幕開けに歓喜の声をあげる場内は、ステージに6人がポップアップで飛び出すと、さらにヒートアップ。甘い笑顔を浮かべながら挑発するタカシのボーカル、この曲のセンターであるユーキを中心にしたセクシーかつ統制の取れたダンスに、アメとムチを巧みに使い分けるような感情を揺さぶるオープニングに、8号車も頭からノックアウト寸前だ。加えて「大阪行くぞ!」とリョウガが号令をかけ、鉄板曲の「超えてアバンチュール」に雪崩れ込むや火花の柱がダイナミックに噴き上がり、近未来風のステージは次々とメンバーカラーに輝いて、場内のテンションは一気にスパーク。ミラーボールが回るレトロなディスコ調の「PUMP ME UP」に続くと、パラパラを真顔で踊るメンバーに合わせて8号車も皆一斉に踊り出すが、このツアーで初披露されたアルバム新曲であることを考えると恐るべき中毒性と浸透力である。

7周年を機に、歴史をたどるように織り交ぜられた新旧の楽曲で、確かな変化と進化を示してくれたのもファイナルの特徴。超特急マークのついた6台のトロッコに乗ってアリーナを一周した「Drive on week」では、メンバーコールがダンサー全員にバランスよく贈られるようになり、推しメンカラーのペンライトを振る8号車も、ここぞとばかりに声を張り上げる。数年ぶりの披露となった「COMP!!COMP!!COMP!!」もイントロから歓声を呼んで、アリーナ中央のセンターステージで跳ね回る6人の表情からは、久しぶりのフォーキーなサウンドを心から楽しんでいることが見て取れた。

超特急、アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』完走  「8号車の皆さんと来年も新しい道を」
撮影/米山三郎、深野輝美

超特急、アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』完走  「8号車の皆さんと来年も新しい道を」
撮影/米山三郎、深野輝美


あわせて読みたい

  • 超特急がSSAの煌めく豪華演出で魅せた、大いなる可能性と確かな未来/レポート

    超特急がSSAの煌めく豪華演出で魅せた、大いなる可能性と確かな未来/レポート

  • 超特急 『2018 MAMA』で堂々のパフォーマンス レッドカーペットでは韓国語で挨拶も

    超特急 『2018 MAMA』で堂々のパフォーマンス レッドカーペットでは韓国語で挨拶も

  • 超特急が夢の舞台本番直前に語った、熱い本音と野望 「(SSAを)次のステップに繋げたい」/レポート

    超特急が夢の舞台本番直前に語った、熱い本音と野望 「(SSAを)次のステップに繋げたい」/レポート

  • 超特急タクヤが初のスタイルブックを出版 「今でも夢のよう。撮影はどれも濃くて印象的でした」

    超特急タクヤが初のスタイルブックを出版 「今でも夢のよう。撮影はどれも濃くて印象的でした」

  • 気になるキーワード

    エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年12月28日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース