イ・ホンギ(FTISLAND)ソロツアー完遂 伝えたいのは「愛してる」じゃなく「ありがとう」

イ・ホンギ(FTISLAND)ソロツアー完遂   伝えたいのは「愛してる」じゃなく「ありがとう」
撮影/ヤマダマサヒロ

FTISLANDのボーカリスト、イ・ホンギが3年ぶりとなるソロコンサート『LEE HONG GI (from FTISLAND) 2018 Solo Concert in Japan“Cheers”』を開催。3都市5公演をまわり、12月28日の大阪・オリックス劇場でファイナル公演を迎えた。ここでは、クリスマスイブ12月24日の神奈川・パシフィコ横浜国立大ホールの模様をレポートする。

「ソロではバンドと異なることをやりたい」と公言するホンギだが、本ライブも12月5日にリリースしたばかりの2ndソロアルバム『Cheers』と、日韓の1stソロアルバム『FM302』、『AM302』のソロ曲を中心に、バラードや事務所の後輩バンド、N.Flyingのラッパー、スンヒョプとのコラボステージ、カヴァー曲など21曲を歌い、FTISLANDとは趣の異なる、ソロ・アーティスト、イ・ホンギの魅力を存分に発揮した。

FTISLANDではオープニングからロック全開でガツンとくる曲を持ってくるが、ソロコンサートはまず、「INSENSIBLE」「雨が降ります」という2曲のバラードで、じっくり歌を聴かせるところから始まった。バンドをバックに時に目を閉じ、時に客席を見渡し歌うホンギの声は、いつにも増して伸びがいい。ボーカル力に定評のある彼だけに、その歌声にたちまち惹きつけられてしまう。

静かな曲を歌い終わり「ソロの僕を見せるために切ない曲でスタートしました。ここからはテンションを上げていきましょう!」と言うと、4人ダンサーが登場してダンスビートの効いたナンバーを3曲続ける。「Be Your Doll」では女性ダンサー2人とからむダンスに入る直前に「恥ずかしいところ!」と自ら申告してテレながら踊ったが、歌っている時のカッコよさと、こういうお茶目な部分のギャップがファンにはたまらないホンギらしさだ。

イ・ホンギ(FTISLAND)ソロツアー完遂   伝えたいのは「愛してる」じゃなく「ありがとう」
撮影/ヤマダマサヒロ

イ・ホンギ(FTISLAND)ソロツアー完遂   伝えたいのは「愛してる」じゃなく「ありがとう」
撮影/ヤマダマサヒロ


「Kings For A Day」ではファンにコーラス部分を唄わせたり、FTISLANDの楽曲「Champagne」ではコール&レスポンスでオーディエンスとのコミュニケーションを楽しんだり、ホンギもシャウトをしたり、歌いながらジャンプしたりとロッカーの本領を発揮して、束の間、FTISLANDのボーカリストの顔を見せると、ファンもいつものペースでクラップをして、彼の歌に身を任せる心地よさに酔いしれた。

かねてから「ラジオDJをするのが夢」と語っていたホンギだけに、MCコーナーではラジオブースが登場。3年前の初ソロコンサートでも、ラジオをテーマとしたアルバムにかけてラジオDJ風のMCを行ったが、4月まで韓国で長寿ラジオ番組『Kiss the Radio』のDJを1年半の間務めていただけあり、今回の進行はかなりスムーズ。事前にファンから募集した質問を読み上げ、悩みながらもホンギらしい珍回答やアドバイスで盛り上げた。笑いながらきいているときには忘れてしまっているが、日本語でこれだけスムーズなDJができてしまうのは、実はかなりスゴイことだ。「僕の声は特徴的だから、ラジオがピッタリ。自分にしかできないテーマでやりたかった」と、今回もDJコーナーを設けたが、これもソロコンならではのお楽しみのコーナーといえるだろう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク