review

竹内結子「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」SMAP公開謝罪がこうだったら良かったのに!1話

竹内結子主演の木曜ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」がスタートした。竹内が演じるのは、情報を操作してクライアントのピンチを救う“スピン・ドクター”。興味深いのは、彼女が助けるのは基本的に女性だということ。オフィシャルサイトにも「天才トラブルシューターが女性の危機に立ち向かう」と大きく書かれている。関係ないけど、このタイトルって『ボヘミアン・ラプソディー』のヒットを当て込んだもの?

脚本は『ラヴソング』『刑事ゆがみ』などの倉光泰子と三浦駿斗、演出はPerfumeや星野源などのミュージックビデオで知られる関和亮が務める。関にとってプライムタイムのドラマ演出は今回が初。

第1話はまさかのSMAP公開謝罪をもとにしたストーリーだった。昨今のアイドルに関する諸問題も想起させるものにもなっている。初回視聴率は9.3%。
竹内結子「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」SMAP公開謝罪がこうだったら良かったのに!1話
イラスト/まつもとりえこ

こんなに違う! 泉里香の扱い


まず、ドラマ冒頭でテレビ局の女性記者・東堂(泉里香)への政治家によるセクハラ問題をスムーズに片付ける氷見江(竹内結子)。彼女は法律事務所の危機管理専門弁護士である。氷見はその後も東堂と持ちつ持たれつの関係を続ける。両者ともしたたかだ。

政治家によるテレビ局の女性記者へのセクハラは、昨年の財務省・福田淳一事務次官(当時)によるセクハラ問題がモチーフだろう。現実は世の男性から「ハニートラップではないか」と女性記者へのバッシングが巻き起こったが、ドラマの中では問題が表に出ることなく、セクハラを行った側だけが痛みを引き受ける形で示談となった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「竹内結子「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」SMAP公開謝罪がこうだったら良かったのに!1話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    官邸は性犯罪被害者の詩織さんを猛烈に叩きまくって日本にいられないようにした。「詩織さんは朝鮮人」というデマ流しもした。世界最悪の政府、安倍晋三内閣。

    3
  • 匿名さん 通報

    読みにくい文章。意図が伝わりにくい。これでライターできるって不思議。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク