Sonar Pocket、10周年ツアーの後半戦がスタート 「希望があることに救われた10年でした」

Sonar Pocket、10周年ツアーの後半戦がスタート 「希望があることに救われた10年でした」

31stシングル『好き』のリリースを発表したSonar Pocket。現在敢行中の全国ツアー『Sonar Pocket 10th Anniversary Tour flower』もいよいよ後半戦の幕を開けた。

ツアー後半戦初日となった広島公演では、前半戦とは異なったステージ衣装や演出・セットリストが披露され、満員の観客席を沸かせた。

今回のツアーはメジャーデビュー10周年を記念し、ファンに感謝の思いを伝えるツアーとメンバーが思考を重ね、セットリストや演出を考案してきたとのこと。Sonar Pocketの代表曲やファンから愛される楽曲、昨年リリースした渾身のアルバム『flower』からも楽曲を連ね、非常に見応えのある内容となっている。

MCではeyeronが「今日(2月2日)の花言葉は、希望。希望があることに救われた10年でした。本当にありがとう」とステージから、マイクを使わずに自らの声で感謝の気持ちを会場に伝えた。

およそ2時間のライブ本編を歌いきった後、この日一番の興奮はアンコールで、ko-daiからの新曲「好き」の初歌唱を告げる瞬間だった。

「後半戦スタートということで、新曲を持って来ました! ぜひ自分の恋愛と重ねて聴いてください」と「好き」のイントロが流れると、観客席は息を飲んだように聞き入った。

ストレートな曲タイトルが印象的な「好き」はリリース発表時からファンの間でも話題になっており、一足早く曲を聴いたファンからは鳴り止まない拍手とともに「切な過ぎて…やばい」「あの頃の気持ち」といった言葉が聞かれた。

あわせて読みたい

  • Sonar Pocket ティックトッカーko-dai、爆誕!!/マイ旬

    Sonar Pocket ティックトッカーko-dai、爆誕!!/マイ旬

  • Sonar Pocketのko-daiがラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げるセレモニーに出席

    Sonar Pocketのko-daiがラグビーワールドカップ日本大会を盛り上げるセレモニーに出席

  • Sonar Pocket、メジャーデビュー10周年をファンとお祝い

    Sonar Pocket、メジャーデビュー10周年をファンとお祝い

  • Sonar Pocket、ラグビー国内リーグ開幕戦で愛知・豊田ラグビー応援ソング「つぼみ」を初歌唱

    Sonar Pocket、ラグビー国内リーグ開幕戦で愛知・豊田ラグビー応援ソング「つぼみ」を初歌唱

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2019年2月3日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース