review

「花咲舞」っぽい決めゼリフに「半沢直樹」パロディ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」にモノ申す!2話

       
それが鬼怒川になっちゃったら、もう「鬼怒川温泉駅」があるし……。

また、単行本1巻分のエピソードをドラマ化するにあたり、細かいエピソードをはしょって約45分に上手くまとめてはいるのだが、その「はしょった部分」と対になるセリフなどはそのまま使っちゃっていたりして、「大丈夫!?」と心配になってしまう。

たとえば、

「東西鉄道とはすでにコンタクトを取ったのですか?」

「いいえ、よつば銀行といたしましては」

「なるほどね、水面下ではかなり計画が進行しているということか」

というセリフが出てくるにもかかわらず、実際に東西鉄道を説得しているシーンはバッサリなくなっているため、「いつ計画が進行していたの!?」と巨大なはてなマークが浮かんでしまうのだ。

次回は加藤シゲアキくんが登場


本作、というか「ドラマBiz」枠自体が、ヒット作連発の池井戸潤ドラマを意識しているのは間違いない。……に、しても本作はかなり露骨に何匹目かのドジョウを狙っているように感じるのも気になるポイント。

そもそも、原作漫画である『この女に賭けろ』を『よつば銀行 原島浩美がモノ申す!〜この女に賭けろ』に改題してドラマ化しているのからして、池井戸潤原作『不祥事』を改題し、杏主演でドラマ化した『花咲舞が黙ってない』を意識してのものだろう。

ドラマ版で付け加えられた原島浩美の決めゼリフ「恐れながら申し上げます」も、花咲舞の「お言葉を返すようですが」っぽさにあふれている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「花咲舞」っぽい決めゼリフに「半沢直樹」パロディ「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!」にモノ申す!2話」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    丸山さんはNEWSではなく、関ジャニ∞ですよ。

    1
  • 匿名さん 通報

    ひっでえミス

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年2月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。