review

「3年A組」菅田将暉、田辺誠一の自己責任論を完全破壊7話。「新たな黒幕」予告、視聴率は上がり続ける

「生徒はモノじゃない! 人間だ!」

菅田将暉主演のドラマ「3年A組─今から皆さんは、人質です─」。菅田演じる高校教師、柊一颯(ひいらぎ・いぶき)が生徒29人を人質に取りつつ、生徒を自殺に追い込んだ犯人に迫る。

先週放送された第7話では、これまでコメディリリーフ的に扱われてきた人気タレント教師・武智大和(田辺誠一)と柊の“教師対決”が描かれた。視聴率はこれまで最高の11.9%。最終回に向けて、どこまで伸びるのか。
「3年A組」菅田将暉、田辺誠一の自己責任論を完全破壊7話。「新たな黒幕」予告、視聴率は上がり続ける
イラスト/Morimori no moRi

犯人は武智大和!


立てこもり7日目。景山澪奈(上白石萌歌)を自殺に追い込んだ犯人探しは佳境に入っていた。半グレ集団・ベルムズにフェイク動画を頼んだのは、魁皇高校の教師・武智大和だと柊は確信していた。

理由の一つは、柊がかつて交際していた教師・相楽文香(土村芳)の証言。文香は武智がベルムズとつながっていることを知っていた。そしてもう一つは、誰あろう景山澪奈本人による証言だった。

武智はスポーツの成績が優秀な生徒の推薦入学を斡旋し、その生徒が活躍したら大学からキックバックを受け取っていたのだ。しかし、9割の生徒は退学などに追い込まれていた。執拗に推薦の話を持ちかけられていた澪奈だが、武智の悪評を知っていたため断り続けていた。“支度金”を積んでまで勧誘されたが、澪奈は逆に教育委員会に訴えると武智に告げる。すると、ほどなくフェイク動画が流れるようになった。澪奈はフェイク動画の依頼主に会うと柊に告げて消息を絶ち、自殺した──。

あわせて読みたい

  • 菅田将暉「3年A組」真犯人探し新章突入

    菅田将暉「3年A組」真犯人探し新章突入

  • 「3年A組」は「スクール・ウォーズ」か

    「3年A組」は「スクール・ウォーズ」か

  • 「3年A組」3話までの展開、名演を解説

    「3年A組」3話までの展開、名演を解説

  • 「3年A組」中尾は本当に死んでいるのか

    「3年A組」中尾は本当に死んでいるのか

  • レビューの記事をもっと見る 2019年2月24日のレビュー記事
    「「3年A組」菅田将暉、田辺誠一の自己責任論を完全破壊7話。「新たな黒幕」予告、視聴率は上がり続ける」の みんなの反応 10
    • 匿名さん 通報

      >武智はスポーツの成績が優秀な生徒の推薦入学を斡旋し、その生徒が活躍したら大学からキックバックを受け取っていたのだ。  なかなかのたちの悪さでしたね。

      3
    • 西川ちねま 通報

      だから「蠅のような群れ」から離れたんです。「善い事だけを知りたい!」がゆえに。<終>。

      1
    • 匿名さん 通報

      >瀬尾は思い余って、野球部の兵頭新(若林時英)、ナンパ好きな光永葵(西本銀二郎)、鉄ヲタの立野寛人(森山瑛)、秋庭凛(秋田汐梨)を引き連れて柊を襲撃  よく役名と役者名が、わかりますね、感心する❗

      1
    • 匿名さん 通報

      >どんなにギリギリのラインでも犯罪でさえなければ、カネを稼いだ者が偉いとされる。あとはひたすら自己責任。  ソフトバンクの孫正義とか?

      1
    • 匿名さん 通報

      >武智は中ボスぐらいの扱いだった。なにせまだ残り3話もある。  期待とそれに伴う心配が、入り乱れる心境です。

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    3年A組

    3年A組

    日本テレビ系ドラマ「3年A組 ―今から皆さんは、人質です―」レビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース