【インタビュー】DISH// 紆余曲折を経て放つ、バンドの成長と未来が詰まった3rdアルバム

 
【インタビュー】DISH// 紆余曲折を経て放つ、バンドの成長と未来が詰まった3rdアルバム

音楽以外にも、アートワークやファッションなどを通じてカルチャー性を発信していきたい


――3rdアルバム『Junkfood Junction』完成おめでとうございます。全員が20歳を超えた初のアルバムでもあり、アートワークも大人っぽくてオシャレな雰囲気ですね。

北村匠海
:ありがとうございます。映画『ゴッドファーザー』とか、1950年代をイメージした衣装なんです。僕らとしては音楽ではもちろんですが、アートワークで、ファッションなどを通じてもカルチャー性を発信していきたいと思っているので、このような感じになりました。

橘柊生:『I'm FISH//』でも揃いのジャケットを着たり、『勝手にMY SOUL』では“おしゃれ甲冑”みたいなジャケットをみんなで着てますけど、それに比べても今回は大人っぽくなっているかもしれないですね。

北村匠海:大人っぽさを出しつつも、これまでのDISH//を受け継ぐものから僕らの未来が感じられるものまで、DISH//らしく幅広い楽曲を詰め込めたと思います。

――そもそも個々の活動が多忙になる中で、よくこれだけ盛りだくさんの作品を完成させたなと。

北村匠
海:僕らもそう思います(笑)。

矢部昌暉:昨年の年末頃からレコーディングが始まったんですが、今だから言えるけど、それぞれの活動もあるし、このツアーのリハーサルもあって……(笑)。

橘柊生:しかも、合間にはミュージックビデオも撮らなきゃならなかったし。

泉大智:そうそう。「配信シングルのリリースが迫ってる、ヤバい」ってなってた(笑)。

北村匠海:(笑)。その分、このアルバムは今までよりもメンバーで密に居る時間が多かったなと思います。バンドにとってはいいことだったなって。

――先行配信シングルの豪華さも話題に。まずは、BiSHのアイナ・ジ・エンドさんがフィーチャリングした「SING-A-LONG」はいかがでしたか?

北村匠海
:レコーディング自体は一緒のタイミングで録ることはできなかったんですが、以前対バンさせてもらっていたし、MVではもちろん一緒に撮影しました。BiSHさんは名前が近いこともあって、気にかけてくださっていたみたいです(笑)。僕らももちろんそうで、シンパシーやアーティストとしてリスペクトを感じていました。今回はほぼハモってもらうような形だったんですが、「こんな合わさり方になるんだな」って。ユニゾンになるところは混ざり合うというより、互いに独立する感じというか。それがまっすぐ届くような感じがしました。

――BiSHを手がける松隈ケンタさんは、これまでにDISH//の楽曲も書いていますから、必然のコラボかなと。

北村匠海
:そう言ってもらえると嬉しいです。MVでは、僕らがバンドで演奏していて、アイナさんとは向かい合って歌ったんですよ。それが新鮮に感じました。まとっている空気感や人との接し方から不思議なオーラを感じましたね。いい意味でつかめないオーラというか。

橘柊生:女の子の歌声がDISH//に入ることは珍しいと思うんですけど、違和感もなくて初めてがアイナさんというのも良かったなって。ここからいろんな方とフィーチャリングできたら僕らの幅も広がっていくんだろうなって思うんです。DISH//というものを確立している今だから良かった。もっと前だったら、ただ一緒にやるってだけでちゃんとその意義や意味が理解できなかったかもしれない。

――UNISON SQUAIR GARDENの田淵さんに「ビリビリ☆ルールブック」を書いてもらった経緯は?

矢部昌暉
:僕らのプロデューサーである新井弘毅さんは、ずっと前から「田淵さんの曲はDISH//に合う」と思ってくださっていたらしくて。今回、先行配信で3作連続でリリースすると決まって、「このタイミングでやりたいと思った」と言ってました。事実、作っていただいた曲を聴かせていただいたら、DISH//にぴったりで、なおかつユニゾンさんらしい楽曲だなって思って感激しました。

――レコーディングはいかがでしたか?

泉大智
:ベースとドラムから録って、そのあとにギター……って感じだったんですが、あまり話せなくて。

――互いにかなり激しい人見知り同士だったからでしょうか(笑)。

泉大智
:ですね(笑)。ドラムとベースのブースに入るときに「よろしくお願いします」って挨拶したんですが、照れもあって(笑)。でも、演奏しているときは対角線上だったので、がっつり見させてもらいましたよ。たまに目があったときは、ちょっとだけアイコンタクトできたかなって。

【インタビュー】DISH// 紆余曲折を経て放つ、バンドの成長と未来が詰まった3rdアルバム
北村匠海(Vo,Gt)


――リズム隊は特に呼吸を合わせることが大事になりますが、その感触は?

泉大智
:たぶんその辺は、僕に合わせてくださったのかなと思います。僕のスキルが足りない分を補ってくださったんだろうと。直接「こうしてみたら?」みたいなことはなかったんですが、アレンジを手がけたGAKUさんと一緒に「2Aの感じはこうしていこう」みたいな感じで作り上げていきました。音決めはスムーズでしたね。

北村匠海:リズム隊が終わって、僕がバッキングギターのレコーディングだったんですが、めちゃくちゃ難しかったです。パワーコードでガシガシ弾くことが多かったんですが、今回はそうじゃなくてコード感も難しいなと思ったし、何しろテンポも速くて。カッティングギター系だったから、キレも求められましたし。それ以前に、音作りで1時間とかかかっちゃって。ギターをいろいろ試して弾いてみて、普段使っている自分のギターじゃないもので録ることになったので、それも苦戦した原因ですね。最初はシングルコイル、ストラトキャスターで弾いてたんですが、テレキャスターで弾こうってことになって。指板もローズウッドじゃなくメイプルの硬いものだったので、「手にぜんっぜん馴染まないな~」って(笑)。

――匠海さんは冷静にそつなくこなす印象なので、苦戦すると聞くと、むしろ人間っぽくていいエピソードに聞こえます(笑)。

北村匠海
:(笑)。めちゃめちゃ人情味あふれる人間ですよ。

矢部昌暉:(笑)。僕はいつも通り大変でした。テンポが速いし、耳に残る特徴的なリフでもあるのできちんと鳴らさなきゃいけないって気持ちもあって、それがプレッシャーにもなりました。この曲の“上もの”ギターはちょっと聴いただけだと、そんなに難しいようには聴こえないものも実は難敵で。この曲は速さだけじゃなく、ノリとかも大事なんですよ。これを歌いながら演奏するのかと思うと、結構ぞわぞわしましたね。これまではライブで上ものを弾いてないときはバッキングを弾いていたりするんですが、この曲は上ものに徹するんですよ。レコーディング云々の話以前のことかもしれないけど、どのタイミングで入るのがベストか体に馴染ませるのが難しいなって。

北村匠海:リズムギターは僕だけなので、今回はピックアップのパターンも変えて2度録ってます。リアで録って、フロントで撮ったのを重ねたりしています。

――柊生さんはレコーディングでつまずく印象があまりないのですが。

橘柊生
:ギターと違って音色がたくさんあるわけじゃないから、自分なりの弾き方に徹すればいいのかなって思っているんです。自分の弾いたものがアレンジャーさんに引っかかるかどうか。3回くらいつるっと録って、微調整するって感じだったんですが、3回とも結構違うアプローチでやりました。サビもデモでもらったものとはぜんぜん違う感じになっていますね。

【インタビュー】DISH// 紆余曲折を経て放つ、バンドの成長と未来が詰まった3rdアルバム
矢部昌暉(Cho,Gt)


――あいみょんさんからの楽曲提供は2作目ですが、「へんてこ」を最初に聴いた印象は?

北村匠海
:「めっちゃ好き!」って思いましたね。あいみょんさんの音楽はDISH//の全員が好きだし、向こうも僕らと相性がいいと思ってくれているみたいで。そういうのもあって、歌も一番歌いやすかったです。

――あいみょんさん独特のメロディラインや歌い回しも感じられる曲なので、歌いこなすのは難しいんじゃないかと思ったのですが。

北村匠海
:たしかにシンガーソングライターらしく、彼女らしいフレーズは随所にあると思います。そうやって彼女が1人でゼロから歌詞も曲も生み出していくところに、今回は僕らが乗っかっていきたいと思ったので(前回提供してもらった)「猫」以上に、彼女の世界観に寄せて行った感覚はありますね。それにもともと、レコーディングでストレートな歌い方をしていても、ライブではアレンジしてフェイクを入れたりするんですが、その感覚が近いのかなって思ったりもしました。

――フォーキーなテイストもDISH//には新鮮で、しかもフィットしているなと。

北村匠海
:あいみょんさんはたしかスピッツさんや小沢健二さんが大好きなので、そういうところも感じられていいですよね。この曲は僕らになじんでいる感じがしますね。

橘柊生:うん、そうだね。他の配信2曲にも言えるんですけど、どの曲も楽しんでできています。

北村匠海:「ビリビリ☆ルールブック」はこれまで僕らを応援してくれている人たちにも届きやすい曲だと思うので、お客さんの反応も良くて。この先やっていけばいくほど盛り上がっていく曲だろうなって感じます。「SING-A-LONG」は、僕らが魅せにいく、聴かせにいく楽曲。ライブの中でメッセージを発信する楽曲の一つになると思うし、僕らが僕ららしく見せていけばいいのかなって思っています。

あわせて読みたい

  • DISH//  1年ぶりのツアーが名古屋から開幕 「来た人を必ず笑顔にさせるようなライブを」

    DISH// 1年ぶりのツアーが名古屋から開幕 「来た人を必ず笑顔にさせるようなライブを」

  • DISH//とベリーグッドマン なんばHatchで異色の共演が実現

    DISH//とベリーグッドマン なんばHatchで異色の共演が実現

  • DISH//、5年目の男子限定ライブ『皿野郎』は満員、汗だく、大合唱!の熱いステージ

    DISH//、5年目の男子限定ライブ『皿野郎』は満員、汗だく、大合唱!の熱いステージ

  • DISH//  47都道府県を巡る旅を無事完遂 「これからの旅もついてきてください!」

    DISH// 47都道府県を巡る旅を無事完遂 「これからの旅もついてきてください!」

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2019年4月4日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース