SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

■SUPER★DRAGON 7th ONEMAN LIVE TOUR 2019『Emotions』
2019.04.03(WED)at 東京・Zepp Tokyo


9人組ダンス&ボーカルユニットSUPER★DRAGONが、4月3日、東京・Zepp Tokyoで「SUPER★DRAGON 7th ONEMAN LIVE TOUR 2019『Emotions』」のファイナルを迎えた。これは2月27日にリリースしたアルバム『2nd Emotion』を記念したツアーで、3月21日の福岡・Zepp Fukuokaを皮切りに5都市6公演で13,000人を動員した。

紗幕にメンバーのシルエットが映し出され、一人ずつ名前をコールされて登場するオープニングからカッコよさが爆発。1曲目の「LRL -Left Right Left-」では重低音に乗ってレーザーを剣のように振り回す。「Mr.GAME」ではレーザーをサーチライトに持ち替え、音に合わせてフロアを照らし出すと、その動きにファンの感情も共感してゆく。

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー


「Zepp Tokyo、盛り上がっていますか? 最高の思い出を作りましょう!」と毅が挨拶すると、彪馬はセクシーに「最高の夜にしようぜ」とささやき、壮吾はお馴染みの電車の車内アナウンスでファンを歓迎、洸希は得意のビートボックスを用いて挨拶をキメる。「彪馬と韓国に行った」という颯は、「アンニョンハセヨ~」と韓国語を披露し、楽が「東京のみんな、大好きだよ」とキュートさを見せると、和哉が「僕と楽は、14歳のラストライブ。世界一幸せな14歳です!」と言ったが、今回のツアーでは幼さのかけらも感じさせない。玲於が「俺たちとエモーションを共有したいヤツ、手を挙げろ! 俺らよりも盛り上がれるってヤツ、手を挙げろ!」と煽ると、ラストのジャンが「ジャジャジャジャ、ジャン♪」と名前入りコールでさらに盛り上げ「PAYAPAYA」になだれ込んだ。

「俺たちと一緒にPAYAPAYAしようぜ!」というジャンに煽られ、ファンも大きなコールの声を上げ、メンバーたちがジャケットをはだけさせると、その声は「キャー」という悲鳴に変わる。「Monster!(Remix Ver.)」ではキレのある群舞を見せ、大人びたR&Bの「Bring Back」では映像と本人がシンクロし、「どこに本人が?」と思わせる凝った演出を見せる。ジャケットを脱いで臨んだ「Bloody Love」では、毅と彪馬のボーカルが冴え、ポールを使ってのステージ2F部分から下へと移動するというトリッキーな演出も。

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー


年上組・ファイヤードラゴンが着替える間に、年下組のサンダードラゴンが残ってMCを担当。「ネタにしていいのか会議を行った」としながらも、壮吾がキャラクターが描かれた可愛いパンツを愛用していることを暴露されたり、「盛り上がっていますか?」「イエーイ!」というコールアンドレスポンスを楽しむ“モッツァレラチーズゲーム”で会場のテンションを上げたところで、ファイヤードラゴンのライブに受け渡す。

会場の熱を受け取ったファイヤードラゴンが組体操のようなパフォーマンスが特徴の「ゲラゲラ」でさらに熱を上げると、サンダードラゴンがバトンタッチして、高速BPMの「リマカブロ!」でぶち上げる。楽と壮吾は2F客席に登場しファンを煽り、ステージ上にはトランポリンやマットが置かれ、メンバー各人が若さ弾けるアクロバティックな動きでファンを魅了した。

「Set It Off」ではジャンが大きなソファーと共に登場。マフィアのようなたたずまいでラップ組がスパドラ流SWAGで弾ける。ロックギターが映える「Mada'Mada'」ではリリックがスクリーンに映し出され、「自分の限界、越えてみろー!」とファンを挑発すると、「BADASS」までイッキに駆け抜け、「また遊んでくれますか?」という毅の声を合図にラストの「Untouchable MAX」へ突入。最高潮のフィナーレを迎え、メンバーたちが退場すると「END」の文字が浮かび上がった。


SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー



アンコールではTシャツに着替えてPOPチューンの「Endless Dance」でステージの際ギリギリまで行って、ファンに近づく。「+IKUZE+」ではタオルを振り回し、ジャンの号令でフロアをファイヤーチームとサンダーチームに分けて「イェー、イェー」という声で対決。最後はタメにタメてから、スパドラと観客が一斉にジャンプしてフィニッシュを決めた。

「コールもテンションも過去イチ! 確実に、ここが世界で一番熱い場所です」と盛り上がる玲於。「感動ってこういうことなんだなって、ウルっときた」という颯に、「さっき裏で『Untouchable MAX』って泣ける曲だったっけ?」って聞かれたという毅は、「“Emotionsツアー”は感情をテーマにしてきただけに、僕たち自身も感情むき出しにやっている。皆さんからエネルギーを受け取って、僕たちもエモくなった。瞬間的に生まれるものってライブでしかない。それでチームともみんなとも絆が深まりました。これぞEmotionsじゃないかと思う。本当にありがとうございます!」と感謝を述べる。スマホを出して自撮りをしながらわちゃわちゃし始めると、洸希がムチャぶりされ「みんな、だーい好き!」と愛嬌を披露すると、「スパドラのJK」とジャンに促され、彪馬が「愛してるよ!」とノリノリで言えば、大きな歓声が上がった。

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー


そんな盛り上がりの中、本公演のBlu-ray化決定と、9月7日に東京・日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブがサプライズ発表されると、ファンは大喜び。「このツアー以上にエモいライブにします。最後に、これからも一緒に笑顔を作っていきましょうという想いを込めて歌います」と毅が締めて「What a day」で再び会場が一体となってライブの幕を閉じた。

ツアーのコンセプトとして“感情共有”が掲げられたが、メンバー9人とファンが、ひとつの想いで結ばれた瞬間が多々見えた。今回は、凝った演出と彼らの若さと荒々しさ、そしてカッコよさを中心に、パフォーマンスとそこから生み出される感情をしっかりと届けることができたようだ。最後は“喜び”の感情にあふれたエモーショナルなライブだった。
(取材・文/坂本ゆかり、撮影/笹森健一、小坂茂雄)

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー

SUPER★DRAGON、Zepp Tokyoを世界一熱い場所に変えたエモーショナルな7thツアー


セットリスト


1. LRL-Left Right Left-
2. Mr.GAME
3. PAYAPAYA
4. Monster!(Remix Ver.)
5. BringBack
6. BLOODY LOVE
7. ゲラゲラ
8. リマカブロ!
9. Set It Off
10. WARNING
11. Mada'Mada'
12. HACK MY CHOICE
13. BADASS
14. Untouchable MAX
<ENCORE>
1. Endless Dance
2. +IKUZE+
3. What a day

ライブ情報


【SUPER★DRAGON 8th ONEMAN LIVE】
2019年9月7日(土)東京・日比谷野外音楽堂
問い合わせ:DISK GARAGE(TEL. 050-5533-0888 / 平日12:00-19:00)





■SUPER★DRAGON オフィシャルサイト

あわせて読みたい

  • SUPER★DRAGON、4000人が集まったカレンダー発売イベントで2019年の決意を表明

    SUPER★DRAGON、4000人が集まったカレンダー発売イベントで2019年の決意を表明

  • 『星男祭2018』開催 スパドラとM!LKをゲストに迎え総勢109名による熱いパフォーマンス

    『星男祭2018』開催 スパドラとM!LKをゲストに迎え総勢109名による熱いパフォーマンス

  • SUPER★DRAGON 『SWEET DEVIL』リリースイベントでラクーアが世界イチ熱い場所に

    SUPER★DRAGON 『SWEET DEVIL』リリースイベントでラクーアが世界イチ熱い場所に

  • SUPER★DRAGON 玲於が超特急リョウガを見てカミングアウトしたこととは?/マイ旬

    SUPER★DRAGON 玲於が超特急リョウガを見てカミングアウトしたこととは?/マイ旬

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2019年4月9日の音楽記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース