review

「なつぞら」27話。東京には比嘉愛未、リリー・フランキー、戸田恵子がいた

       
川村屋の女主人は比嘉愛未。「どんど晴れ」(07年)のヒロイン。彼女は盛岡の老舗旅館に嫁ぎ女将として奮闘する。岩手の土地の伝承なども取り入れて描いたドラマで、「ゲゲゲの女房」(10年)以前に座敷わらしなどの妖怪要素があった。「どんど晴れ」は美しい着物が視聴者に注目されたドラマだったが、今回比嘉はエキゾチックな民族衣裳で登場。ミステリアスな雰囲気でなにかを企んでいるふうだ。

「ケチで言ってるわけじゃないんだから」
面白かったのは、川村屋のメニューが高価(雪月の三倍 カレーは120円 週刊朝日の戦後値段史年表によると55年頃カレーライスは100円とあるので、ちょっとお高め設定)で富士子たちが節約しようとするところ。信哉が気を効かせておごると言うと「ケチで言ってるんじゃないのよ」と富士子もなつも言い、すっかり母子になっている感じと、それなりにプライドをもっている感じ、そのふたつを一気に描いてみせる。
さらに、それを聞いていた光子が「私、ケチなんですよ」と宿を手配する代わりに川村屋で食事をちゃんととってくれと交渉するとき言う。
「なつぞら」がいいのは、こういうチクリとしたところ。もともとなつに無理して笑うことはないと泰樹が言っていることをはじめとして過剰な気遣いがない。いやいや、いつでも互いに気遣いあってニコニコ穏やかに過ごそうよと思う人もいると思うが、泰樹とトヨのように相手に容赦なく切り込んでいきながらコミュニケーションする関係もあっていい。

あわせて読みたい

リリー・フランキーのプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「なつぞら」27話。東京には比嘉愛未、リリー・フランキー、戸田恵子がいた」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    戸田恵子さんの歌が素晴らしかった。そう言えば元々歌手でしたっけ。

    5
  • 匿名さん 通報

    戸田恵子は宮崎あおいの朝ドラの姑役の印象が強い

    4
  • 匿名さん 通報

    >戸田恵子は「まれ」(15年)では魔女姫人形としてナレーションをやっていた。  あの悪夢の、超駄作 まれ❗ですか。

    3
この記事にコメントする

もっと読む

「リリー・フランキー」に関する記事

「リリー・フランキー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「リリー・フランキー」の記事

次に読みたい「リリー・フランキー」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

2019年5月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。