【インタビュー】超特急 7周年記念シングル『Hey Hey Hey』で見せる、止まることなき進化

 
【インタビュー】超特急  7周年記念シングル『Hey Hey Hey』で見せる、止まることなき進化

「Hey Hey Hey」MVは、いろんな角度から僕らのパフォーマンスを楽しんでもらえる内容(ユーキ)


――デビュー7周年おめでとうございます。現在開催中の全国ホールツアーはいかがですか?


カイ
:会場ごとに違う演出を魅せるという挑戦をやっているので、それを見て驚く8号車さんの反応を見るのも僕らには楽しみになっています。たとえば、事前に友達や仲間からどんなライブだったか聞いて、ある程度セットリストを想像してくる人も多いと思うんですよ。でも、実際のライブではそれを真っ向から覆されるみたいなところもあるので(笑)。僕たちとしては“しめしめ”という感じですね。

リョウガ:あと今回のツアーで試みているのは、ラストが近づいてきて「残すところ○曲です」と言った後に「え~」ってテンションを下げるんじゃなく、逆に盛り上がろうって。それを新しい習慣にしたいと思ってやっているんですね。ツアーの序盤は慣れていないこともあって、若干危ないなと感じたこともありますが、それでも頑張って「え~……いえぃー!」みたいになって。それも面白かったですね。

カイ:頑張って持ち直してくれたのが可愛かったよね。

リョウガ:そう。ほかの方のライブはわからないけど、僕ららしい風習になっていけばいいなと思っています。

タクヤ:鳥取などの初開通の場所に行けるのが本当にうれしくて。あと、ホールツアーは久々ですが、やっぱり距離感がすごく近いなと感じます。一番前の8号車は物理的にもめちゃめちゃ近いですし、2階や3階にも届くような演出もしているので、密に接することができるのがいいなって思いながらやっていますね。

ユーキ:距離が近いから、僕らが躍ると汗が飛ぶんです。すると、8号車さんがびっくりしていて(笑)。そのときは、ごめんなさいって気持ちになります。これから来る人で最前列の場合は、僕らの汗を覚悟してください。

リョウガ:嫌な人はカッパとか着ればいいよ。

カイ:なんだか○プラッシュマウンテンみたい(笑)。

――直近のアルバムに限らず、いろんな曲が聴けるのも8号車にはうれしいようですね?


ユーキ
:そう思ってもらえているといいですね。でも、たしかに久々に披露する楽曲では、8号車の新鮮な反応が見られたり、逆に、待ってましたとばかりに勢いのあるコールが飛んでくることも。このツアー中に時代は平成から令和へと変わりましたが、さらに勢いを持って超特急は突っ走るし、それを楽しんでもらえるようなパフォーマンスを届けたいです。

ユースケ:そうだね。今回のツアーでは、視覚的にエンタテインメントを感じてもらえるような演出を盛り込んでいるんです。客観的に見てアーティストっぽいなと感じるし、ダンスに軸を置いた内容にもなっているので、改めてやりがいを強く感じながらやっています。

タカシ:みんなの顔、8号車の表情がはっきり見える中で歌うのは新鮮というか、面白いなって感じます。やったことへの反応がリアルに伝わるのが楽しいですし、長いホールツアーで自分にとっていろんな挑戦ができたらいいなと思います。

【インタビュー】超特急  7周年記念シングル『Hey Hey Hey』で見せる、止まることなき進化
カイ

――ツアーに合わせて、ヘアも大胆にチェンジしましたが、8号車の反応は?


タカシ
:8号車のみんなは、わりと好意的な反応ですね。

タクヤ:赤系とかってすぐに色が抜けちゃうんですよ、でもずっと保っていて。多分、タカシはずっと髪を洗ってなかったんだと思う。

タカシ:洗ってるって!

リョウガ:(小芝居っぽく)そ、そ、そんなわけないだろう。(タカシに)謝れよ!

タクヤ:(わざとすまなそうに)タカシ……ごめん。

タカシ:……。

――(笑)。ツアーでも新曲「Hey Hey Hey」をすでに披露しているとか?


ユーキ
:はい。まずは「どんな曲なんだろう」ってちゃんと聴いてくれている感じがします。でも、ノリのいい曲なので、パフォーマンスが終わると、「フー!!」みたいに沸くよね。

タクヤ:うん。曲の最後の追い込みが自然とテンションが上がるんだと思う。

カイ:配信はされているので、実際に見てノリが分かると、すぐに盛り上がれるんだと思います。

――ファンキーなグルーヴが独特で、歌唱的にはハードルが高かったのでは?


タカシ
:正直、難しい曲ではありますが、同時に楽しいなとも感じるんです。歌っているパートはもちろんですが、歌わない空間も大事にしないと空気感が出せないタイプの楽曲だと思うので、それは超特急の楽曲にはあまりないタイプ。なので、最初は少してこずりましたが、自分の中に入れて消化しきってしまえば、あとは自分の曲として自然と出せるようになりましたね。

――ミュージックビデオは、ダンスにフィーチャーしたシンプルかつカッコいい映像ですね。


ユーキ
:ありがとうございます。僕らがパフォーマンスする後ろに、マーチングバンドが入っているんです。その見せ方が面白いなと思うし、ダンスの中にはキャッチーな振りもあったり、その一方でソロのダンスも見せたりする。いろんな角度から僕らのパフォーマンスを楽しんでもらえる内容かなと思います。

【インタビュー】超特急  7周年記念シングル『Hey Hey Hey』で見せる、止まることなき進化
リョウガ

――ソロのダンスの振りも、コリオグラファーがつけたものですか?


ユーキ
:人によって違いますね。美味しいところをつまんで映像化した感じです。

タクヤ:みんなで円陣になったシーンは結局使われなかったよね。僕のソロで側転してるんですが、あれは振りとしてついていたものでした。

リョウガ:ユーキのつま先立ちのところもフリーで踊っていたところを使われたんだよね。僕が四つん這いになっているのも、振り。だからしかたなく……。

カイ:あれって遊んでいたところを使われたんじゃなかった?

ユーキ:フリースタイル・リョウガの本領発揮(笑)。

タクヤ:あれ、最初にやり始めたのは僕だけどね。

ユースケ:あれれ(笑)。

リョウガ:僕がタクヤ君のを盗作しました。すみませんでした!

――(笑)。共通のカップリング曲「Drawイッパツ!」は気合の入った楽曲ですね。


タカシ
:この曲はデモの完成度が高くて、仮歌もハイレベルなものでした。これは聴いてくれる8号車には直接関係ないかもしれないけど、本チャンとして歌う僕からすると、高いハードルの仮歌を越えなきゃダメだと思っていて。それはたとえ伝わらなくても、こだわりたい部分ですね。歌詞がめちゃめちゃ前向きなので、自分の気持ちも空元気とかじゃなく、本当にそう思えるように持っていくようにしました。また、この曲は明るさを保ち続けたり、鮮度が大切だと思ったので、声色を細かく使い分けるとかではなく、まっすぐな気持ちを大切に歌いました。

【インタビュー】超特急  7周年記念シングル『Hey Hey Hey』で見せる、止まることなき進化
タクヤ

――カップリング曲には各メンバーをイメージした楽曲が収録されています。自分のイメージソングを聴いた印象は?


カイ
:そうですね。僕の曲は……セクシーだなって。直接的な表現はないんだけど、セクシーで艶めかしい。

リョウガ:でも、僕の曲に比べたらセクシーが足りないんじゃないかな。

カイ:(苦笑)。曲がすごくカッコいいですし、こういう大人っぽい曲を表現できるんだと思ってもらえたのはうれしいですね。低音のラップもタカシがやってるんです。いつもの声と違っていて、そこもいいなと思いました。

――「激おこスティックファイナリアリティぷんぷんドリームわ~るど」を初めて受け取ったときの感想は?


リョウガ
:先にタイトルを知らされていたんですが、そこからしてどう考えても様子がおかしい。曲を聴いたら、さらにそのイメージすら凌駕する衝撃度でした。なにしろ、やかましい(笑)。チャカチャカ、ピコピコせわしなく、ずっと鳴っていますからね。

タクヤ:僕は「Four Seasons」を初めてもらったとき、いい歌詞だなって思いました。春夏秋冬を歌っている男性目線の曲ですが、意外と男性からの視点で歌われるのは珍しいのかなって思ったりして。引っ張っていくような男性が描かれているので、頼もしいなと思ったし、憧れる。自分は全然違うタイプなので、この曲を通して8号車のみんなが付いていきたいな思ってもらえるような存在になれたらいいなと思いました。歌詞には<二人で歩いていこう>とか書いてあって、ハッピーな曲なんですが、ど頭に「flashback」と書かれているんですよ。

――ええ、たしかにありますね。


タカシ
:だとすると、過去を振り返る歌詞なのかなと思って。一方通行の愛を歌っているのだしたら、歌詞の意味も全然変わるし、かなり重い男になるなって。王道に思いきや、いろんな聴き方ができる曲だなって思いましたね。

ユーキ:僕をイメージした「Play Back」はめっちゃ踊る曲です。これに振り付けするとしたら……ヤバいですね。

カイ:誰に振り付けしてもらいたいとか決まってるの?

ユーキ:うん、自分の中では。まだやってもらったことがない人だけど、普通にがつがつ踊る感じになるのかなと勝手に思ってる。

【インタビュー】超特急  7周年記念シングル『Hey Hey Hey』で見せる、止まることなき進化


最新インタビュー

インタビューをもっとみる

\ みんなに教えてあげよう! /