review

杉野遥亮「スカム」富裕層老人の明るい青春と若者たちの貧困のエグい格差、世間の視線えぐる2話

「知らないんだ、俺以外のやつらは。ここが、詐欺の現場だってことを」

7月9日(火)深夜放送のドラマ『スカム』(MBS・TBS系)第2話。父親のガンの治療費と学費の返済を支払わなければいけない状況で、新卒切りに遭い仕事を失った誠実(まこと/杉野遥亮)。振り込め詐欺の「出し子」に失敗した彼を待っていたのは「電話営業の研修」だった。
杉野遥亮「スカム」富裕層老人の明るい青春と若者たちの貧困のエグい格差、世間の視線えぐる2話
イラスト/たけだあや

第2話あらすじ「年寄りどもの方がよっぽど若々しい」


誠実や遅刻して殴られた清宮(前野朋哉)がおこなう研修は、投資用マンションの電話営業だった。リストに書かれた電話番号に順番に電話をかけ、資料送付のための住所を聞き出す。誠実以外のメンバーは、「営業職、手取り30万円、交通費支給」という募集の一般的な仕事だと思って応募してきた。

誠実たちを教育する毒川(和田正人)は、一瞬でも休もうものなら破れそうな勢いで服を掴み、革靴で殴り、耳元で怒鳴りつけるのが当たり前。1週間の研修期間、日を追うごとにメンバーは少なくなっていく。

その中で、誠実は前職の営業経験を活かしスクリプトをアレンジした。さらに、毒川のテクニックを見て学び、ついに1件住所を聞き出すことに成功。毒川は誠実を抱きしめる勢いで褒め、さらに1件につき10,000円の報酬まで支給する。

研修期間が終わり、最後に残ったのは誠実、清宮、来栖(福山翔大)、杜(水間ロン)、剛力(若林拓也)の5名。毒川は、彼らを社会見学に連れて行く。そこで誠実たちが見たのは、会員制ゴルフ場やプール、高級レストランなどで老後を楽しむ老人たちと、貧乏にまみれて10〜20歳も老けて見える若い労働者たちの姿だった。

あわせて読みたい

  • 「わろてんか」伝説の教師脚本にも参加

    「わろてんか」伝説の教師脚本にも参加

  • 映画「全員死刑」最初の犠牲者Youtuber

    映画「全員死刑」最初の犠牲者Youtuber

  • 長生きする気がゼロになる『老人地獄』

    長生きする気がゼロになる『老人地獄』

  • 「くたばり損ないババア」をいじり倒して45年『毒蝮流! ことばで介護』には、実にいいことが書いてある

    「くたばり損ないババア」をいじり倒して45年『毒蝮流! ことばで介護』には、実にいいことが書いてある

  • レビューの記事をもっと見る 2019年7月16日のレビュー記事
    「杉野遥亮「スカム」富裕層老人の明るい青春と若者たちの貧困のエグい格差、世間の視線えぐる2話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      振込詐欺を肯定する反社記事。ドラマの問題意識が歪曲されている。こんな記事を載せるメディアの良識が問われる。

      3
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース