review

「なつぞら」96話。劇中アニメ「ヘンゼルとグレーテル」が力作。アニメ番組かと思った

「なつぞら」96話。劇中アニメ「ヘンゼルとグレーテル」が力作。アニメ番組かと思った
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第16週「なつよ、恋の季節が来た」96話(7月20日・土 放送 演出・田中健二)視聴記録


力作「ヘンゼルとグレーテル」
「ヘンゼルとグレーテル」の作画ができてアフレコが行われた。魔女は蘭子(鈴木杏樹)、ヘンゼルはレミ子(藤本沙紀)が担当した。
アフレコは順調に進み、坂場も満足そう。熱演した蘭子は魔女が魅力的だったからと言って麻子を喜ばせた。
鈴木杏樹が前かがみな姿勢で声を演じていて、声だけでなく見た目まで魔女のようだった。
「ヘンゼルとグレーテル」のアニメもけっこう描かれていて、その絵は、昭和のアニメを思い起こすようなもので。例えば、世界名作劇場の「アンデルセン物語」を思い出した。
かなり作画されていたが、さすがに全編あったら「なつぞら」がまるまるアニメになってしまう。絵を見せずに俳優たちが声を演じているカットで絵を想像させるという変化球もあった。アニメはありえないことをありえるように描くことと坂場に語らせていた「なつぞら」が、人間の肉体と演技でそこにあたかもアニメの絵があるように感じさせたのだ。お見事! 

力作「ヘンゼルとグレーテル」のスタッフは以下。

短編「ヘンゼルとグレーテル」 約110秒
絵コンテ:深瀬雄介(NHK) 刈谷仁美 石舘波子

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」男親は相手の男を抹殺する

    「なつぞら」男親は相手の男を抹殺する

  • なつぞら 雪次郎「君の瞳に入国する」

    なつぞら 雪次郎「君の瞳に入国する」

  • 「なつぞら」「半分、青い。」演出家回

    「なつぞら」「半分、青い。」演出家回

  • なつぞら 駆け落ち相手が泰樹そっくり

    なつぞら 駆け落ち相手が泰樹そっくり

  • 気になるキーワード

    1. 連続テレビ小説 まんぷく
    レビューの記事をもっと見る 2019年7月22日のレビュー記事
    「「なつぞら」96話。劇中アニメ「ヘンゼルとグレーテル」が力作。アニメ番組かと思った」の みんなの反応 2
    • 匿名さん 通報

      蘭子さんの魔女はハマり役

      9
    • 匿名さん 通報

      バレーボールのシーン、ふた昔前の青春ドラマのようでした。良かったです。マコさんが出なくなるのは寂しい。

      6
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース