review

「なつぞら」98話、雪次郎が主役に大抜擢されたのは蘭子の贔屓なのか

「なつぞら」98話、雪次郎が主役に大抜擢されたのは蘭子の贔屓なのか
連続テレビ小説「なつぞら」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~

第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」98話(7月23日・火 放送 演出・渡辺哲也)視聴記録


フルアニメーションが存亡の危機
「昭和38年、日本でも本格的な“連続テレビ漫画”が誕生しました」とウッチャンの語り。
ちなみに、朝ドラこと連続テレビ小説は、それより2年前の昭和36年に誕生している。

大ヒットしている「鉄腕アトム」を意識して新たなテレビ漫画をつくろうとする東洋動画。これまでやってきたフルアニメーションではなく、「アトム」のように作業を簡略化した手法を取ることに決めた上層部に、なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)は浮かない気持ちだ。

「我々アニメーター全体にとっての死活問題ですよ」
「きめ細かな動きとリアリティーを追求するフルアニメーションが存亡の危機にさらされているんですよ」
と神地(染谷将太)は語気を強める。こういう問題意識に関して、坂場と気が合ってるらしい。染谷将太、セリフの意味を、感情もこめつつ、きっちりわかるように語る。難しげなセリフにもかかわらず、しゃべってる人が魅力的に見えるからすごい。

坂場はやっと演出家デビューできることになったものの、映画がつくれないことに落胆する。短編の「ヘンゼルとグレーテル」もお蔵入りしたまま。理屈っぽいから上層部や多くのニメスタッフから好かれてないと自覚していて、思わず愚痴を言い、仲のことまで「何を考えているかわからない」などと言い、なつは顔をしかめる。

あわせて読みたい

  • 「なつぞら」力作ヘンゼルとグレーテル

    「なつぞら」力作ヘンゼルとグレーテル

  • 「なつぞら」泰樹の抹殺パンチで瞬殺

    「なつぞら」泰樹の抹殺パンチで瞬殺

  • 「なつぞら」男親は相手の男を抹殺する

    「なつぞら」男親は相手の男を抹殺する

  • なつぞら 雪次郎「君の瞳に入国する」

    なつぞら 雪次郎「君の瞳に入国する」

  • 気になるキーワード

    1. 連続テレビ小説 まんぷく
    レビューの記事をもっと見る 2019年7月24日のレビュー記事
    「「なつぞら」98話、雪次郎が主役に大抜擢されたのは蘭子の贔屓なのか」の みんなの反応 4
    • 匿名さん 通報

      主役を食ったアヤミさんの衣装

      5
    • 通報

      おもしろい

      4
    • 匿名さん 通報

      なつのちょっとした表情が時々、鈴愛に似ているような気がします。仕事でなるほど、と思った時とかに。女優さん同士は似てないけど。

      1
    • 匿名さん 通報

      千遥はどうなった? 旦那の甲斐性がなくて佐賀の実家に帰ったんじゃないのか?

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事

    「連続テレビ小説 + まんぷく」のおすすめ記事をもっと見る

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュース

    次に読みたい関連記事「連続テレビ小説」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース