review

「ブライトバーン/恐怖の拡散者」もしも子供時代のスーパーマンがグレたら?自意識暴走に悶えるホラー映画

こんな映画なので、かつてブランドンくんくらいの歳に自意識を持て余していた人間としては、どうしてもブランドンくんに肩入れして見てしまう。というか、そもそもどこから飛んできたのかわからない子供を勝手に拾って育て、成長してから「こいつはやばいぞ……」となったブレイヤー夫妻だって充分身勝手といえば身勝手だ。ホラーなので当然人間が死にまくるんだけど、途中からはもう「そりゃあんなノートを勝手に見られたらキレるわ!」「いけ!やったれブランドン!!」と、かなりブランドンくんを応援しながら見てしまった(そしてそう思って見ると、この映画はあんまり怖くないのだ)。

というわけで、『ブライトバーン』はヒーロー映画(特に『マン・オブ・スティール』)に対するパロディとしても、ホラーとしても見られる多面的な一本である。ただ、ホラー部分はけっこう本気で怖い(なんでPG12で公開できたのか、正直ちょっとわからない)ので、苦手な人は心の準備をしていったほうがいいかもしれない。かつて自意識の暴走に苦しめられた経験がある人なら、確実に「うわ〜〜〜〜キッツ〜〜〜〜〜」と盛り上がること間違いなしである。
(しげる)

【作品データ】
「ブライトバーン/恐怖の拡散者」公式サイト
監督 デヴィッド・ヤロヴェスキー
出演 エリザベス・バンクス デヴィッド・デンマン ジャクソン・A・ダン ほか
11月15日よりロードショー

STORY
宇宙から飛来した赤ん坊を偶然拾ったブレイヤー夫妻。ブランドンと名付けられた赤ん坊は12歳の少年へと育つが、徐々に奇妙な兆候を見せ始める

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「ブライトバーン/恐怖の拡散者」もしも子供時代のスーパーマンがグレたら?自意識暴走に悶えるホラー映画」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    そもそも設定からして地球も破壊する力があるんだから、良い人?ってのが無理があると思ってました、。

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。