子を持つ現役世代は注目 「将来不安の相続」をしないために、いまできること

PR:フィデリティ証券

子を持つ現役世代は注目 「将来不安の相続」をしないために、いまできること

仕事に家庭に子育てにと、何かと多忙な現役世代。「人生100年時代」や、「年金2000万円問題」など、この先避けては通れないテーマに目を向けたくない人もいるだろう。その一方、将来に備えて既に資産づくりを始めている人も存在する。自身のために、そして大事な家族のために資産運用を始めている人とまだ何もしていない人、その両者の違いがどこで生じたのだろう。

調査結果を初公開 資産運用を始めたきっかけは「親」?


子を持つ現役世代として注目に値する調査結果がある。この調査は、世界有数の資産運用グループ、フィデリティ・インターナショナルの一員であるフィデリティ証券が第三者機関に依頼し、既に資産運用を始めている30代・40代を対象にしたもので、その結果によると、自分が始める以前に「親」が資産運用を行っていたことが、自身と資産運用との距離を縮めたと回答した人(「かなりそう思う」あるいは「ややそう思う」と回答した人)が実に6割以上にのぼっているというもの。言い換えれば、資産運用を既に行っている現役世代の6割以上は何かしら「親」の影響を受けているというものだ。
子を持つ現役世代は注目 「将来不安の相続」をしないために、いまできること
「あなたの両親(義理の親も含む)が資産運用を行っていたことは、
あなたと資産運用の距離を縮めたと思いますか」
資産運用を行う30代・40代(首都圏、関西圏在住)を対象(N=1,000)に2019年11月実施(インターネット調査)。
上記は 調査対象のうち、「あなたの両親(義理の親を含む)が資産運用を行っていた」と回答した582人の回答


この結果から、子供がいざ資産運用が必要となった際に始めるきっかけとして親の存在が影響していることが分かる。資産運用において親の経験が子に与える影響が大きいとすると、将来への金銭的な不安を抱えながらもまだアクションに移せないことは、大事な子供にもその影響が出てくる可能性がある。親が資産運用に無関心であれば、子供もそれを身近には感じにくい。そして同じ感覚を引き継いでしまえば、成長しても資産運用に取り組まず、親同様、将来への不安に直面してしまう可能性があるともいえるのではないか。

実際に始めている人は何歳から資産運用を始めている? 比較検討はどうしてる?


上述の調査では、さらに30代、40代の資産運用経験者が何歳から資産運用を始めたのかも合わせて調査している。それによると、現在30代の資産運用経験者の開始年齢は平均で28.9歳、40代の資産運用経験者の開始年齢は平均で34.9歳となっている。年齢から推測するに、決して大きな金額がたまったから資産運用を始めた、というよりも小さい金額からでもまずスタートさせたという人が多いのではないかと思われる。
子を持つ現役世代は注目 「将来不安の相続」をしないために、いまできること

また、調査では資産運用を行う「金融機関選び」についても聞いており、資産運用を行っている30代、40代の約75%は「細かく比較検討をしていない」あるいは「比較検討はしていない」と回答している。それが影響しているのか、10年後、20年後もその金融機関が自分にふさわしいサービスを提供してくると自信を持っている人は14%程度にとどまっているのが実情だ。
子を持つ現役世代は注目 「将来不安の相続」をしないために、いまできること
「あなたが資産運用のための口座を開設した当時、その他金融機関とどれくらい比較検討を行いましたか?」
子を持つ現役世代は注目 「将来不安の相続」をしないために、いまできること
「10年後、20年後とライフステージが変わった際、その金融機関はその時の自分にふさわしいサービスを提供してくれると思いますか」


「将来への不安」を子供に相続しないために「はじめやすい、続けやすい、分かりやすい」がキーワード


ここまで述べてきたように、親が資産運用を行っていれば子供もそれを身近に感じやすくなり、親が行っていなければ親同様に将来への不安に直面してしまう可能性がある。親が資産運用を通して将来への不安を払拭できれば「将来不安の相続」を防ぐことができるだろうし、親のその姿は子供の将来にも役立つはずだ。

また肝心な金融機関選びも広い視野でみる必要もありそうだ。そんな方にはまずフィデリティ証券もチェックしてほしい。フィデリティ証券は「知る人ぞ知る」ネット証券で、世界有数の独立系資産運用グループで、日本で50年の歴史を持つフィデリティ・インターナショナルの一員。ネット証券顧客満足度調査投資信託部門でNo.1(※)を獲得しているオンライン証券だ。

ネット取引における投資信託の購入時手数料や投信積立の購入時手数料は完全無料なので、手数料を節約して資産運用をスタートできる。また将来残高が増えてきた際はその残高に合わせた優遇サービスが充実しているほか、困ったときには外部評価機関で三つ星評価を得ているカスタマー・サービスが電話で丁寧にサポートしてくれる。長期的な資産運用では、「始めやすい、続けやすい、分かりやすい」を実感できる金融機関をぜひ選んでほしい。

30代、40代の残高は?資産運用経験は? フィデリティ証券口座保有者のデータも公開中

※2019年 オリコン顧客満足度調査 ネット証券 投資信託部門 第1位(2019年1月 株式会社oricon ME発表)

リスクについて
投資信託は株式、公社債等の値動きのある証券(外国証券には為替リスクもあります)に投資しますので、基準価額は変動し、したがって投資元本および利息の保証はありません。よって、保有期間中もしくは解約又は売却時の投資信託の価額は、ご購入時の価額を下回ることもあります。こうした運用の損益はすべて投資信託をご購入のお客様に帰属します。また、運用状況によって収益分配金の支払額は変動することがあり、あるいは支払われない場合があります。投資信託は、預金又は保険契約ではないため、預金保険および保険契約者保護機構の保護の対象にはなりません。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)の「投資リスク」をご確認ください。目論見書の入手方法についてはフィデリティ証券にお問い合わせください。

費用等について
投資信託のお取引では、以下の費用をご負担いただきます(税込)。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。また、費用等の合計額については、投資信託の保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。

投資信託のお取引では、以下の費用をご負担いただきます(税込)。詳細は投資信託説明書(交付目論見書)をご確認ください。また、費用等の合計額については、投資信託の保有期間等に応じて異なりますので表示することができません。
・申込時に直接ご負担いただく費用:購入時手数料(投資信託の購入金額に対して最大3.30%)
フィデリティ証券では金額指定にて投資信託の買付のお申し込みを承っております。この場合の購入時手数料は、購入金額(購入口数×当該買付に適用される基準価額)に各投資信託の所定の手数料率(税込)を乗じた額となり、お申込金額(ご指定いただいた額=お支払いいただく金額)の中からいただきますので、お申込金額全額が当該投資信託の購入金額となるものではありません(内枠式)。
・換金時に直接ご負担いただく費用:信託財産留保額(換金時の基準価額に対して最大1.0%)
・保有期間中に間接的にご負担いただく費用:運用管理費用(信託報酬)(信託財産の純資産総額に対して最大年率2.585%。但し、純資産総額が減少した場合、実質的にこれを上回ることがあります。

フィデリティ証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第152号
日本証券業協会加入

【提供:フィデリティ証券
エキサイトの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る
2019年12月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。