ヒプノシスマイクの“沼”に多くの人がハマる理由 その魅力は「ディグらせ力」

ヒプノシスマイクの“沼”に多くの人がハマる理由 その魅力は「ディグらせ力」

“ヒプノシスマイク”はたった2年で、もう随分と、ラップミュージック好きに限らず、あらゆる層を虜にしてきた――。

キングレコード内レーベル・EVIL LINE RECORDSが手掛ける音楽原作キャラクターラッププロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」(以下、ヒプマイ)。男性声優18人によるラッププロジェクトであり、2017年の開始以来、アニメファン・声優ファンを中心に驚異的な支持を得ている。

二次元のアイドルやバンドはこれまでもあったものの、ラップというのは珍しい。しかもアニメやマンガ、ゲームといったストーリー原作にあたるものがプロジェクト開始時点で存在しなかった。ヒプマイに用意されていたのはキャラクターや設定、楽曲のみ。2018年末にようやくマンガ化、2019年に舞台化され、2020年にはゲーム化・アニメ化も予定されている。

ヒプマイは「楽曲と音声ドラマ」が原作であり、これまでリリースされたCDにはヒプマイのキャラクターそれぞれの楽曲となるラップ3曲と、ドラマトラックが2本収録されている。新曲のMVは公開されれば一瞬でYouTube急上昇ランキングに入り、ライブチケットの当選倍率も日に日にあがっている。

なぜ、ヒプマイはこれほどまでにファンたちを熱狂させ、次々に新たなファンを取り込んでいくのだろうか――。その理由を考察していく。

大まかなストーリーは領土をかけた“ラップバトル”



簡単にヒプマイの設定を説明すると、武力による戦争がなくなった世界で女性のみが政権を握り、各地で男性たちがラップで領土争いをしている……というもの。その領土のことをヒプマイの世界では「ディビジョン」と呼ぶ。

このディビジョンごとに全部で18人のキャラクターが存在する。出演している声優陣は、木村昴、石谷春貴、天崎滉平、浅沼晋太郎、駒田航、神尾晋一郎、白井悠介、斉藤壮馬、野津山幸宏、速水奨、木島隆一、伊東健人、岩崎諒太、河西健吾、黒田崇矢、葉山翔太、榊原優希、竹内栄治という豪華な顔ぶれだ。

この18人が3人ずつに分かれ、「イケブクロ・ディビジョン(Buster Bros!!!)」「ヨコハマ・ディビジョン(MAD TRIGGER CREW)」「シブヤ・ディビジョン(Fling Posse)」「シンジュク・ディビジョン(麻天狼)」「オオサカ・ディビジョン(どついたれ本舗)」「ナゴヤ・ディビジョン(Bad Ass Temple)」の6チームに所属している。
ヒプノシスマイクの“沼”に多くの人がハマる理由 その魅力は「ディグらせ力」
イケブクロ・ディビジョン(Buster Bros!!!)

ディビジョン内のキャラクターの関係性やチーム結成の経緯などは、楽曲やドラマトラックからある程度わかるので、気になる方はチェックしてほしい。

ちなみにこれらの声優陣は、このプロジェクトで本格的なラップを披露してくれている。イケブクロ・ディビジョンの山田一郎の声優は、ドラえもん・ジャイアンの声優でお馴染み木村昴さんであり、木村さん自身もかなりのヒップホップ好きで有名だ。

ヒプマイのキャストに関しては、オーディションによって選ばれているので、いろいろと調べているうちに、あっという間に“ヒプマイ沼”に落ちるだろう。

キャラクターの特徴は名前の難しさ&職業の豊富さ


ヒプノシスマイクの“沼”に多くの人がハマる理由 その魅力は「ディグらせ力」
ヨコハマ・ディビジョン(MAD TRIGGER CREW)

続いてキャラクターにフォーカスを充てていこう。ヒプマイに登場するキャラクターたちは、(イケブクロ・ディビジョンを除いて)名前がやたらと難しい。例えば「碧棺左馬刻」「飴村乱数」「神宮寺寂雷」と、初見では恐らく読めないであろう名前のキャラクターが多く存在する。新ディビジョンの「白膠木簓」や「波羅夷空却」も、その読み方の難しさで、発表された当初はSNSでひとしきり話題になったほど。
ヒプノシスマイクの“沼”に多くの人がハマる理由 その魅力は「ディグらせ力」
シブヤ・ディビジョン(Fling Posse)

また、ラップバトルはあくまで領土争いの手段なので、みんな本業をもっている。ヤクザ、作家、ファッションデザイナー、元海軍、警官、詐欺師、お笑い芸人、僧侶と、まあまあ本業も特殊である。職業だけ聞くと変わっている気がするが、たとえばシンジュクは医師、ホスト、医療系会社員の3人という、「本当に居そう/その街から連想できる」職業設定になっている。ちなみに芸人はオオサカ、元海軍はヨコハマ。そう聞くとわかりやすいと思う。

キャラクターの年代も幅広く、中学3年生から46歳のおじさんまでいる。年齢も職業もバラバラで、もちろん見た目も十人十色なので、どんな好みの人も比較的“推し”が見つけやすいのも魅力のひとつだ。
ヒプノシスマイクの“沼”に多くの人がハマる理由 その魅力は「ディグらせ力」
シンジュク・ディビジョン(麻天狼)

ヒップホップ好きも納得 豪華クリエイター陣が集結


さて、楽曲の話に移ろう。ヒプマイの楽曲に触れるうちに、曲のクオリティが非常に高いことに気づくかもしれない。それもそのはず、ヒプマイは楽曲提供者に豪華なクリエイター陣が集結しているのだ。

例えば、イケブクロ・ディビジョン山田三郎のソロ曲「New star」の作詞は□□□(クチロロ)の三浦康嗣。三浦氏は作詞、作曲、編曲、演奏、音響エンジニアリング等を一人でこなす総合音楽作家のひとり。

ヨコハマ・ディビジョンでいうと、碧棺左馬刻のソロ曲「G anthem of Y-CITY」の作詞を担当したサイプレス上野は横浜出身のラッパー。ロベルト吉野とともにHIPHOPアーティストとして様々なメディアで活躍している。

シブヤ・ディビジョンでいうと「Shibuya Marble Texture -PCCS-」や「Stella」楽曲を提供する弥之助が、全員が会社員としての顔も持つ異色の生音ヒップホップバンドAFRO PARKERに所属している。

シンジュク・ディビジョンのなかの「The Champion」の作詞曲・プロデュースはZeebraだ。Zeebraといえば東京を代表するヒップホップ・アクティビストで、フリースタイルバトル番組『フリースタイルダンジョン』のオーガナイザーとしても知られている。

また、楽曲提供者はヨコハマ・ディビジョンのように、その土地に馴染みのあるクリエイターが起用されており、オオサカ・ディビジョン「あゝオオサカdreamin’night」は作詞が大阪にルーツをもつR-指定、作曲はDJ松永というCreepyNutsという1MC1DJのヒップホップユニットが担当している。

ナゴヤ・ディビジョンの「Bad Ass Temple」も作詞をCrystal Boy、ヤス一番?、ホクロマン半ライス!!!、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス、作曲・編曲をDJ MITSUが担当。現在名古屋を拠点に活動するnobodyknows+のメンバーたちだ。

ほかにも、月蝕會議やポチョムキン(餓鬼レンジャー)、山嵐、藤森慎吾(オリエンタルラジオ)など豪華クリエイターが参加している楽曲も多くある。ぜひチェックしてみてほしい。

ヒプマイの魅力はコンテンツ全体の「ディグらせ力」


キャラクターの名前や設定が特殊だったり、声優や楽曲提供者が豪華な方々が提供しているヒプマイだが、筆者が考える一番の魅力は「ディグらせ力」だと思う。“音楽をディグ(dig)る”から派生したこの言葉は、よりいいものを発掘していく行為でありヒプマイの情報はとにかく掘り下げさせるのがうまく、沼にハマりやすいということだ。

2017年から2年も経っているのに情報量はそこまで多くなく、キャラクターの名前や設定は少し変わっているものの、ストーリー設定などそこまで複雑性はない(もっと説明すればいろいろあるが、まだ追える)。

複雑ではないものの「もっと知りたい」と思わせる要素が多く、充分に調べたかな……と思ったときは、もうヒプマイの沼にズブズブにハマってしまっている。キャラクターのビジュアルだったり、楽曲だったり、楽曲のクリエイターだったり、このプロジェクトは沼への入り口が多く存在し、そのどれものクオリティや完成度が高いので、そこからさらに沼へとハマらせる設計がうますぎるのだ。あっという間にヒプマイ沼から抜け出せなくなり、気付いたときには、新曲を待ち望んでいる……。そんな人も多くいるだろう。

また、ほかの二次元アイドルなどに多いのが、複数のキャラクターが複数のユニットを組んでいるケース。今のところヒプマイにはそれがない(各チームのリーダーたちがかつて1つのチームを組んでいたものはある)。はっきりとチーム分けされており、系統もそれぞれ違うので、二次元慣れしていない人でも区別がつきやすく、何よりディビジョンごとの特徴も覚えやすい。

「本格的なヒップホップだから」とか「キャラクターのビジュアルがおしゃれ」と、これまで二次元に興味がそこまでなかった人たちも、自分に上手に言い訳をしながらハマりやすいところも、ひとつの魅力として挙げられるだろう。

今回この記事では魅力のすべてを語ることはできないが、ぜひこの記事を読んだヒプマイ未体験の方々の目と耳で確かめてほしい。

文/鈴木梢

※天崎滉平の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月6日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。