BUCK-TICK ファンの幸せを願い、愛をくれるバンドの真骨頂を存分に感じた恒例年末ライブ

BUCK-TICK ファンの幸せを願い、愛をくれるバンドの真骨頂を存分に感じた恒例年末ライブ
撮影/田中聖太郎(田中聖太郎写真事務所)

BUCK-TICKが、12月29日に東京・国立代々木競技場第一体育館にて、ツアー『THE DAY IN QUESTION 2019』のファイナル公演を開催した。彼らの地元である群馬・高崎芸術劇場を皮切りに、愛知、大阪と巡ったこのツアーのチケットは各地でソールドアウト。キャリア初の国立代々木競技場第一体育館も満席の状態でこの日を迎えた。

彼らが12月29日にライブを行なう2019年で20回目。『THE DAY IN QUESTION』は年末の恒例ライブとして度々開催されてきた。アルバムを帯同するツアーとは一線を画すこのライブは、より“観る人が楽しめるように”とメンバーが試行錯誤し、レア曲を散りばめたセットリストで毎回ファンを歓喜させてきたが、回を重ねていく中で“THE DAY IN QUESTIONならでは”という世界観がすでに生まれていた。今回のセットリストはそれを踏襲しながらも、新しい手触りのあるスペシャルな内容となっていた。

「THE DAY IN QUESTION」のオープニングとして定番のSE「THEME OF B-T」は、ニューアレンジが施され、ずしりとした重厚感をまとっていた。ステージを覆ったスクリーンに、炎が「THE DAY IN QUESTION 2019」のロゴを形作る。その真ん中には太陽フレームのような模様があしらわれていた。その炎には、激しさと荘厳さをイメージする。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク