review

「スカーレット」122話「なんせうちは、信作、20番目の女ですから」カレーを美味しくする隠し味

「スカーレット」122話「なんせうちは、信作、20番目の女ですから」カレーを美味しくする隠し味
連続テレビ小説「スカーレット」122話。木俣冬の連続朝ドラレビューでエキレビ!は毎日追いかけます

(これまでの木俣冬の朝ドラレビューはこちらから)

連続テレビ小説「スカーレット」 
◯NHK総合 月~土 朝8時~、再放送 午後0時45分~
◯BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~ 再放送 午後11時30分~
◯1週間まとめ放送 土曜9時30分~
「スカーレット」122話「なんせうちは、信作、20番目の女ですから」カレーを美味しくする隠し味


『連続テレビ小説 スカーレット Part1 (1)』 (NHKドラマ・ガイド)

第21週「スペシャル・サニーデイ」122回(2月25日・火 放送 脚本・三谷昌登 演出・野田雄介)


一日マスターになった信作(林遣都)。コーヒーの入れ方を知らなかったが、百合子(福田麻由子)がネルドリップで本格派の美味しいコーヒーを入れて、いい香りが画面から立ち込めたように感じたそのとき、香りに誘われるようにして(かなり勝手な想像入れました)、照子(大島優子)の夫・敏春(本田大輔)がやって来た。

朝、大きなかばんを持った敏春に「朝帰り!」と信作は食いつくが、京都からの出張帰りだった。
サニー常連・敏春は「いつもの」を注文。信作は「いつもの」がなにかわからず、それでひとしきりわちゃわちゃ。

朝バナナを食べながら敏春は京都で信作のことを知っている人に会ったと言う。
「お見合い大作戦」に参加した女性が敏春の知り合いだった。「信楽狭っ」のみならず「滋賀、京都、狭っ」。

ここから、121回と同じく過去の回想。信作のみならず喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)のなかなかうまくいかない恋にもだえる青春時代をなつかしの名場面の数々で振り返る。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「スカーレット」122話「なんせうちは、信作、20番目の女ですから」カレーを美味しくする隠し味」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    ひどいな ひどいな こんなひどい朝ドラは初めてだ

    3
  • 匿名さん 通報

    はよ打ち切れ

    0
この記事にコメントする

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スカーレット

スカーレット

第101作目のNHK「連続テレビ小説」。焼き物の里・信楽を舞台に、戸田恵梨香演じる陶芸家・川原喜美子の波乱万丈な人生を描く。共演に松下洸平、北村一輝、富田靖子、中須翔真、西川貴教、大島優子ら。2019年9月30日~2020年3月27日放送。

2020年2月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。