review

『エール』占い師になった“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎が裕一に希望をもたらす

       

智彦も苦悩

吟(松井玲奈)の夫・智彦(奥野瑛太)も軍人の誇りを捨てることができず、次の就職先が見つからず苦悩していた。

古山家、関内家、共に、戦争で亡くなる人がいなくて関係者ばかりが亡くなった。裕一や音や、智彦には残された者としての苦悩がのしかかる。主人公たちは、生き残った者が、その先、どう生きていくかを描こうとしている。ドラマを観ている人もいわば生き残った者だから、このテーマは他人事ではない。

池田(北村有起哉)は「戦争の責任をすべて背負うおつもりか」と裕一に問う。モデルの古関裕而は、91話のレビューにも書いたように、そこまで言及していない。むしろ池田のモデルの菊田一夫のほうが自分のしたことを総括しようとしている。裕一は主人公として何もかも背負わされていて大変だ。

個人的な好みで言えば、戦犯にされることに怯え、過去に蓋して、自分のできることとして鎮魂の曲を作り始める、そんな人間味のほうを見たかった。それこそ、戦場を描く以上に朝ドラ向きではないだろうけれど。窪田正孝の演技にはどこか常に堂々としない申し訳なさが残っているのは、その線を残しているようにも見える。だからわざわざそこに踏み込まずとも、このままでいいのかもしれないと思う。

『エール』占い師になった“ミュージックティーチャー”こと御手洗清太郎が裕一に希望をもたらす
写真提供/NHK

復活、ミュージックティ…

裕一がくよくよしている一方で、音は歌を再開する。復活した喫茶バンブーの客のひとり・ベルトーマス羽生(広岡由里子)を紹介されて、歌を始める。

音のモデル・金子は、ベルトラメリ能子という人物に師事し、戦争中も歌っていたそうだ。裕一と音は、モデルの状況を見るに、音楽家の夫婦として優雅に暮らしていたのだろう。だからこそ、生き残った彼らが何をするかが問われるのだと思う。

彼女の知り合いとして、“ミュージックティ”こと御手洗(古川雄大)が占い師になって現れた。ひげを生やし、すっかり別人になった御手洗。大河ドラマ『いだてん』で薬師丸ひろ子が演じたマリーの同業者になったわけだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

2020年10月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。