review

人魚に恋したら死んじゃう映画『マーメイド・イン・パリ』

人魚に恋したら死んじゃう映画『マーメイド・イン・パリ』

スタバのロゴでおなじみ“セイレーン”が登場する『マーメイド・イン・パリ』

突然だが、スタバのロゴに描いてあるあの女性のマークが何かご存知だろうか。答えはセイレーン。美しい歌声に聞き惚れた船乗りを海に落とし、船を難破させ、船乗りを食うというギリシャ神話由来の殺人人魚である。人魚といえばマーメイドだが、セイレーンは尾が2本、マーメイドは尾が1本など微妙に設定も異なっている。

【関連記事『ブックスマート』カミングアウトの遥か先で、思いっきりはっちゃけている爆走青春コメディ映画

今回紹介するのは、そんなセイレーンが登場するフランス映画だ。ちなみに、邦題と、米国のタイトルはマーメイドになっているが、原題はセイレーンである。

セーヌ川で人魚を拾った歌唄いのおっさん(イケメン)

【あらすじ】セーヌ川に浮かぶ老舗バー“フラワーバーガー”でパフォーマーをしているガスパール(40歳)は、ある夜、傷を負って倒れていた人魚を見つける。彼女の名前はルラ、夜な夜なセーヌ川に美しい歌声を漂わせ、出会った男性を恋に落とし心臓を破裂させていた恐怖の連続殺人人魚だった。

人魚に恋したら死んじゃう映画『マーメイド・イン・パリ』

歌によって人間から身を守ってきたルラは、ガスパールの命も奪おうと歌を歌うが、なぜか全く効果がない。それどころかケロリとしている。それもそのはず、ガスパールは度重なる失恋で、恋する感情を捨て去っていたのだ。ピンピンしていたのは、破裂させられるはずの心臓がそもそもズタボロだったからである。

人魚に恋したら死んじゃう映画『マーメイド・イン・パリ』

懸命に看病するガスパールの献身的な優しさに、次第に心惹かれていくルラ。しかし、人魚である彼女は二日目の朝日が登る前に海に帰らねば命を落としてしまう。同時に、恋を忘れたはずのガスパールの体に異変が起こる。胸がギュッと締め付けられるように苦しいのだ。

そんな中、ルラに夫を殺された女医のミレナが、ルナを探し当てようとしてた! 果たして、ルラは海に戻れるのか! ガスパールの恋の行方や如何に!?

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月19日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。