review

橋本良亮(A.B.C-Z)ミュージカル初主演 “狂王”と“天才”による愛憎劇『スワンキング』上演決定


A.B.C-Z橋本良亮主演によるミュージカル『スワンキング』が、2022年6月の東京・東京国際フォーラムでの公演を皮切りに、全国4都市にて上演されることが決定した。

【関連レビュー】回を追うごとに橋本良亮(A.B.C-Z)の“沼”が……沼が見える……ドラマ『痴情の接吻』

ミュージカル『スワンキング』は、バイエルン王国の国王・ルートヴィヒ二世と作曲家・リヒャルト・ワーグナーという“狂王”と“天才”を描いた作品。ルートヴィヒ二世とは、若さと美貌を持ち合わせた国王で、音楽と建築をこよなく愛すあまり破滅的浪費を繰り返し「狂王」の異名で知られた人物。一方、リヒャルト・ワーグナーは天才的な作曲家でありながら借金と女性関係に生涯苦しんだといわれている。

そんなワーグナーの人格を嫌悪しながらも、才能に心酔していたルートヴィヒ二世。二人の愛憎関係からインスピレーションを受け構想をあたためてきたG2が、今作の脚本、詞、演出を務め、さらにミュージカル『日本の歴史』や映画『記憶にございません!』『ギャラクシー街道』など三谷幸喜作品を多数手がける荻野清子の音楽で、新作オリジナルミュージカルが誕生。“狂王”と“天才”、G2がかねてより上演を熱望した物語がついに幕を開ける。

作曲家・ワーグナーの才能に心酔する美貌の青年王・ルートヴィヒ二世を演じるのは、近年ドラマや舞台で主演を務め、その活躍ぶりが光るA.B.C-Z橋本良亮。ルートヴィヒ二世から寵愛を受け、オペラに全てを捧げた天才作曲家・ワーグナーを演じるのは、映像・舞台問わずこれまで数多の作品に出演し、俳優として輝かしい経歴を誇る別所哲也。天才ピアニスト・リストの娘であり、ワーグナーの才能に憧れ大胆な行動を起こすコージマは、アイドル卒業後ミュージカルを中心に活躍を続けている梅田彩佳

さらに、リストの弟子でありコージマの夫でもある指揮者・ビューローは、舞台上で多彩な役柄を演じ分け、ミュージカルの出演経験も豊富な渡辺大輔、ルートヴィヒ二世の弟・オットーは、19年に舞台初主演を務めて以来舞台を中心に活躍の場を広げ、主演舞台『大阪環状線 大正編』が好評を博している関西ジャニーズJr.今江大地。バイエルン王国の秘書官・ルッツは、劇団「柿食う客」の中心的俳優である牧田哲也、ルートヴィヒ二世が敬愛するオーストリア皇妃・エリザベートは、宝塚歌劇団星組でトップ娘役を務め、退団後は名作ミュージカルに次々と出演している夢咲ねねが演じる。

作品概要

ミュージカル『スワンキング』
【東京公演】2022年6月 東京国際フォーラム(ホールC)
※大阪・愛知・福岡公演あり

脚本・詞・演出:G2
音楽:荻野清子
出演:橋本良亮(A.B.C-Z) 別所哲也 梅田彩佳
渡辺大輔 今江大地(関西ジャニーズJr.) 牧田哲也 夢咲ねね 他

公式サイト:https://www.swanking.jp
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「音楽」に関する記事

「音楽」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「音楽」の記事

次に読みたい「音楽」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク