葬儀を執り行ううえで起こりやすいトラブル

葬儀を執り行ううえで起こりやすいトラブル

「葬儀を執り行ううえで起こりやすいトラブル」とは、どのようなことでしょうか。
葬儀を行う際には、葬儀の形、故人に縁のあったさまざまな人の思い、そして金銭面などの他、考えなければならないことが数多く発生します。
しかし、まずは上に挙げた3つの点についての判断を間違えなければ、トラブルの多くは防げるでしょう。ここでは、そうしたトラブルの例について見たうえで、トラブルを防ぐために何が必要かを考えていきます。


葬儀社とのトラブルを防ぐために

身内が亡くなって、初めに決めなければならないのは、どこで、どのような形で葬儀を執り行うかです。事前に特に用意がない場合には、この時点からできるだけ速やかに葬儀社を決める必要があります。

現代の日本では、実に8割以上の人が、病院など自宅外の場所で最期を迎えています。特に最近では、住宅環境の変化などから、息を引き取った後、自宅ではなく、葬儀を行う場所に直接搬送されることも少なくありません。
その際、病院からご遺体の搬送を請け負ってくれる葬儀社を紹介されることがあります。

しかし、お世話になった病院からの紹介、という理由のみで、その葬儀社に決めてしまってもよいのでしょうか。
例えば、比較的規模の小さい「家族葬」的なお葬式を希望していたのに、病院が紹介してくれる葬儀社でそのような対応を取り扱っていないため、意に沿わない形で葬儀を行うことになってしまう可能性があります。

そのため、どれくらいの規模での葬儀を行う必要があるか、またどのような形の葬儀にするかは、故人の意向がある場合はもちろん、遺族の気持ちや経済的な面も考え、決めたほうがよいでしょう。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年4月14日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。