遺言と正しい遺書の書き方
拡大する(全3枚)

厳密には遺書と遺言は全く違うものです。遺言書には定められた書き方があり、書き方が正しくなければ、無効な遺言となることがあります。そのため、意図しない相続トラブルを招くこともしばしばです。では、遺言とは、正しい遺書の書き方とはどのようなものなのでしょうか。今回は、多くの人に混同されがちな遺書と遺言の違いや遺言書の正しい書き方、よくある間違いについて詳しくご紹介します。


遺言書と遺書の違い

遺言と正しい遺書の書き方の画像はこちら >>
遺言書と遺書の2つは似ているようで全く違う文書です。書き方を誤ると、法的な効力を持たない文書になる可能性もあります。

遺書は亡くなる直近に書いた私的文書という位置づけで、手紙のようなものです。手紙だけでなく、ビデオレターや音声、メモ書きなども含みます。英語でも”Letter”や”Note”と呼ばれ、生前の手紙という扱いなので、相続のことを書いても法的に意味を持ちません。よって書き方も特に決まりはなく自由に伝えたいことを書くと良いでしょう。

では死後に、財産など相続に関する意思を、法的に効果のある形で残すにはどうすれば良いのでしょうか。

それは遺言書を書くことです。英語では”Will”と表現され、明確に区別されているように、相続に関する意思を示したい場合、遺書ではなく遺言書を作る必要があります。遺言書の書き方には方式があり、それに沿う形で作成しなければなりません。


この記事の画像

「遺言と正しい遺書の書き方」の画像1 「遺言と正しい遺書の書き方」の画像2 「遺言と正しい遺書の書き方」の画像3