離婚した夫の葬儀に参列すべき?その時子どもは?

離婚した夫の葬儀に参列すべき?その時子どもは?

婚姻中は家族であった夫も、離婚すると他人同士の関係に戻ります。そんな元夫が亡くなったという知らせを受けた時、葬儀に参列するべきか迷う方もいらっしゃるのではないでしょうか。また、元夫と血のつながりがある子どもを、一緒に参列させた方がいいのかも迷うところですよね。さまざまな心情が交錯する場面ですが、どのような対応を取るのが良いのか考えてみましょう。


葬儀に行くべき場合

離婚した夫の葬儀に行くべきかそうでないかは、離婚の理由や離婚後の関係によるところが大きくなります。まず、行くべきと考える場合についてご説明します。

元夫の親族などから葬儀に招かれた場合は、できるだけ参列した方が良いでしょう。招かれたというのは、最後にお別れして欲しい・来ても構わないという気持ちの表れです。

もし気持ちが落ち着いていて、恨みや憎しみなど負の感情もなければ、人生の一部を共に過ごした相手を思い出し、葬儀に出向いた上で冥福を祈ってもいいのではないでしょうか。
ただ、もし離婚して間もなく気持ちが落ち着かない、または体調が優れないなどの理由があれば、断っても問題ないでしょう。

また、ご本人同士に離婚の意思はなくとも、義父・義母など家族関係のトラブルでやむなく離婚の道を選んだご夫婦もいらっしゃるでしょう。その場合は、葬儀・告別式に参列し最後のお別れをすることで、心の区切りがつくかもしれません。通夜は葬儀に比べて遺族との会話が多くなるため、気持ちの負担が増えることも考えられます。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年4月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。