言ってはいけない言葉?葬儀場での失敗談

葬儀とは、故人の人生において締めくくりとなる大切な儀式です。宗教や宗派、地域による違いこそありますが、会葬者として参列する際に押さえておきたい共通の基本的なマナーはあります。
そこで今回は、葬儀でのマナーや一連の流れ、言ってはいけない言葉、失敗談の一例をご紹介します。ぜひ、葬儀場での立ち振る舞いの参考にしてください。


葬儀での失敗はいつ起こる?

言ってはいけない言葉?葬儀場での失敗談
喪主や遺族として葬儀を執り行う立場になることや、会葬者として通夜、告別式などに参列することは頻繁にあるわけではありません。いざ葬儀に参列することになっても、不慣れな席で緊張してしまい、普段では考えられない失敗をしてしまう可能性は誰にでもあるでしょう。
故人の人生において締めくくりとなる葬儀は、宗教や宗派によって、特有の決まりごとや、それぞれにマナーが異なる場合もあります。慣れてないからといってとりあえず前に並んでいる人の真似をするだけでなく、基本的な葬儀のマナーや当日の流れを知識として最低限押さえておくことが大切です。


葬儀の流れと基本的なマナー

葬儀のスケジュールと葬儀における基本的なマナーについてご紹介します。もちろん、宗教や宗派によって作法が大きく異なることもありますので、会葬者として参列する際など、葬儀に関して疑問や不安なことがあれば、事前に流れを確認しておきましょう。


ご逝去当日

ご逝去から24時間以内の火葬は法律によって禁じられているため、御遺体は安置所、またはご自宅に搬送されます。
その間に喪主・施主、世話役などの役割を決め、葬儀を依頼する葬儀社の担当者と打ち合わせを行いましょう。
その際、担当者に「死亡診断書」を渡すことで、「死亡届」と「火葬許可証」などの手続きに関して手配してもらえます。また葬儀の準備と合わせて、各種関係者への連絡も忘れずに行ってください。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年4月23日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。