米寿(88歳)のお祝いの仕方・マナーやおすすめのプレゼントを紹介

米寿とは、長寿をお祝いする節目のひとつですが、還暦や古希とは違って、お米という漢字に由来する日本独特のものです。どのような形でお祝いすれば喜んでもらえるのでしょうか。ここでは米寿祝いの企画を考えている方向けに、米寿祝いのタイミングや場所の設定、服装などのマナーについて述べながら、おすすめのプレゼントを紹介していきます。


米寿のお祝いの習慣

米寿(88歳)のお祝いの仕方・マナーやおすすめのプレゼントを紹介
米寿は、還暦や古希、喜寿などと並ぶ長寿のお祝いです。米という字を分解すると、八・十・八となることから、88歳のお祝いとされています。「八」という字が末広がりで縁起の良い印象があります。江戸時代から広まったといわれ、「米(よね)の祝い」といわれることもあります。

米寿のお祝いでは親しい間柄の友人、家族や親戚で食事をしたり、プレゼントを渡したりすることが一般的です。お祝いをする日は特に決められていませんが、88歳を迎える誕生日や、昔の数え年の習慣から正月にお祝いをする方が多いようです。また、結婚式などではお祝いされる側が席を設けますが、米寿のお祝いでは家族やお世話になった人が計画をします。大人数でお祝いしたり、親族以外の方が参加したりする場合は、お盆やゴールデンウィーク、敬老の日など集まりやすい日を選ぶようにしましょう。お祝いを計画する際は、出席者をリストアップしてから日時を決定することをおすすめします。


満年齢と数え年

以前の日本では、数え年で年齢を数えることが主流でした。


あわせて読みたい

気になるキーワード

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年5月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。