【世界の葬儀】チベットで行われている鳥葬がすごい!

鳥葬とは、遺体をハゲワシに食べさせるチベットの伝統的な葬儀方法です。世界にはさまざまな葬儀がありますが、その中でもひときわ珍しいものは「鳥葬」でしょう。人の遺体を鳥についばませるという内容は日本に暮らす私たちにとって少々ショッキングなことと感じられますが、鳥葬は一体どのような背景や目的で行われているのでしょうか。今回はチベットの鳥葬についてご紹介します。


鳥葬について

【世界の葬儀】チベットで行われている鳥葬がすごい!
人が亡くなった場合、日本では火葬してお骨にし、その後、墓へ納める方法が一般的です。しかし鳥葬では、遺体をハゲワシに食べさせるという方法をとります。鳥葬はチベットだけでなく、モンゴルやインドの一部でも行われています。
チベットの場合、人が亡くなるとまずは僧侶を呼び、葬式が行われます。読経によって故人の肉体から魂を解き放つのです。魂が抜け出た後の遺体は吉日を選んで鳥葬台へ運ばれ、専門の鳥葬師によってハゲワシへと与えられます。地域によって違いはありますが、この時にハゲワシがついばみやすいよう、遺体はナイフなどで解体されることが多いようです。残った骨は決まった場所へ置いておかれることもありますが、多くの場合は骨も細かく砕いて余すことなく食べさせます。これには、他の生命を食べて生きてきた人間の肉体を、他の生命に布施として還すという意味もあります。また、古くより人が亡くなると鳥になるといった信仰は各地にあったようで、神話などでも死者が鳥となって去っていくというモチーフもあります。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年5月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。