お通夜前・葬儀後に、安置先やご自宅に弔問する場合のマナー

お通夜前・葬儀後に、安置先やご自宅に弔問する場合のマナー

お通夜の前や葬儀の後に行う弔問とは、用事があるなどして葬儀に参加できなかった場合や、親族などと親密な関係である場合などに通夜の開始を待たずして故人の元を訪問することを言います。こうした弔問は本来のしきたりとは異なるため、特有の作法やマナーがあります。この記事では、お通夜の前や葬儀の後に弔問を行う場合の方法について、詳しくご紹介します。


弔問とは?

弔問とは、亡くなった方の元に参じてお悔やみを述べ、弔意を示すことです。通夜や告別式、それ以外の場にかかわらず、基本的な作法は変わりません。ただし、業者や寺院などのサポートで段取りが決められている通夜や告別式とは違い、それ以外のタイミングでの訪問は、遺族に負担をかけることがあります。また、弔問以外にも、弔電や手紙など弔意を示す方法はほかにもあります。弔問をする前に、どのようなかたちで弔意を表すのが良いか、遺族の立場で考えることも必要です。


通夜前に弔問すべきかどうか?

まず、通夜の前の弔問から考えましょう。

通夜の直前は遺族も忙しく、一般的に弔問は控えた方が良いようです。故人ととても近しい関係で、弔問の後は通夜まで遺族をサポートするような場合のみ許されると思った方が良いでしょう。親族のほか、家族同然の関係だった友人や、親密な付き合いをしていた近所の人などが該当します。その場合でも、家族だけで最後の時間を過ごしたいこともあるため、事前の確認は欠かせません。受付開始前、通夜の会場に少し早めに訪れて、故人にお別れを伝えるということもありますが、この時も通夜の準備の妨げにならないよう、あまり早く到着するのは控えた方が良いでしょう。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年6月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。