お葬式の必需品!霊柩車の種類と歴史

霊柩車とは、告別式などを執り行った式場から、故人のご遺体を乗せて火葬場に運ぶための車両のことを言います。葬儀においては欠かせませんが、めったに利用することがないため、詳しいことは知らないという方も多いでしょう。そこでこの記事では、今や海外からの注目も集める日本の霊柩車について、その歴史や種類の違い、車両の値段や使う際の料金などをまとめてご紹介いたします。


霊柩車の歴史

お葬式の必需品!霊柩車の種類と歴史

日本では昔から、亡くなった人を運ぶため駕籠(かご)や大八車など、さまざまな乗り物が使われていました。西洋でも英語で霊柩車を意味する「hearse」がもともとは「霊柩馬車」の意であるように、遺体は馬車で運ぶ形式が一般的でした。そこに自動車による霊柩車が現れたのは、自動車の普及が進んだ大正時代だと言われています。

日本ではもともと棺車(かんしゃ)という、寺の屋根を模した構造を取り入れた、大八車に遺体を乗せて運ぶ風習がありました。これが馬車から自動車に移り変わりつつあった西洋の文化と融合し、霊柩車のもとになったのです。具体的には1922年(大正11年)に行われた大隈重信の葬儀で、寺院のような屋根を荷台に取り付けたトラックが使用されており、これが現在の霊柩車につながっているのです。

やがて車のベースはトラックからセダン型の乗用車となり、その後もバスやワゴン車など多くの種類が生まれています。


霊柩車の種類


宮型霊柩車

もっとも印象に残る霊柩車が、このタイプです。その多くはキラキラとしたお寺を思わせる金色の構造が、キャデラックなど大型の高級車の上に取り付けられています。全体が金ピカのものから、木目を多用した落ち着いたものまで種類も豊富で、地域によっても違いがあります。後部の方は漆で仕上げ、檜(ひのき)の白木づくりになっているなど、職人的な工芸技術も取り入れられています。
このような手間やコストがかかっているため、その値段も高くなります。細かい装飾や上質な素材が使われている場合は、部品や工賃だけでも1,000万円を超え、これにベースとなる車両の価格が加算されます。そのため、利用料金も高めとなることが多くなります。葬儀プランに入っている場合、意識をすることはあまりないかもしれませんが、例えば10km未満の場合で、4万円~7万円程度とされています。移動距離が増えると料金も上がります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。