お通夜にマスクをしても大丈夫?〜知っておくべき葬儀のマナーと注意点〜

お通夜とは、葬式・告別式の前夜に近親者が一晩ご遺体のそばで故人を偲ぶ儀式です。お通夜や葬儀は突然のことなので、風邪やインフルエンザの流行期、花粉症の時期と重なってしまうこともあるでしょう。しかしその際、マスクをつけて参列してよいのかと、疑問に思われている方も多いと思います。ここでは、お通夜や葬儀の場で注意したい、マスク着用のマナーについてまとめました。


お通夜にはマスクをしてもよい?

お通夜にマスクをしても大丈夫?〜知っておくべき葬儀のマナーと注意点〜
風邪や花粉症の症状が辛い時でも、お通夜などの葬儀に参列するタイミングは突然やってきます。咳やくしゃみの症状がある場合は、お通夜でマスクをつけて参列してもマナー違反にはあたりません。参列中、さらに体調が悪化することも考えられますし、他人にうつしてしまってはいけません。お通夜には免疫力の低い高齢の方や子どもなど、さまざまな方が参列します。風邪症状がある場合は、周囲に配慮して着用することも大切なマナーのひとつです。気になる場合は「体調不良のため」と受付で一言伝えておくのもよいでしょう。
あまりにも症状がひどい時には、葬儀への参列を見合わせることも検討しましょう。周囲に迷惑をかける可能性も考慮し、参列するべきかを判断したほうがよいでしょう。


喪主はマスク姿でもよい?

お通夜などの葬儀は突然のことですので、喪主も体調が万全だとは限りません。マナーとしては、喪主がマスクを着用すること自体は問題ありません。
しかし喪主という立場であれば、人前に立つことや挨拶する場面も多くなります。その際は着用を控えたほうが無難です。身内やごく近しい人のみで執り行われる葬儀なら、理解も得られやすいですが、規模が大きくたくさんの方が訪れる場合、状況を知らない弔問客も増えます。中には、喪主のマスク姿を失礼だと感じる方もいるかもしれません。咳やくしゃみなどの症状がひどい場合にのみ、エチケットとして着用するなど、状況に合わせて臨機応変に葬儀に臨みましょう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年6月18日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。