ローファーで葬儀に参列しても大丈夫?お葬式に相応しい靴の選び方

ローファーとは、学生が制服に合わせて履くことが多い靴、また、スーツなどに合わせて履くことがあるとして知られている靴です。革靴のひとつでもあるのでフォーマルなお葬式のときに履いていくことができそうですが、実はローファーはカジュアルな靴とされています。ローファーは基本的にはお葬式に履いていくには適さない靴ですが、子どもや学生がお葬式のときに履く場合は、マナー違反にはなりません。


ローファーをお葬式に履いていってもいい?

ローファーで葬儀に参列しても大丈夫?お葬式に相応しい靴の選び方

ローファーは学生が制服に合わせて履く靴というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。革靴なのできちんとしている印象もあり、ビジネススーツなどに合わせて履くことも可能です。そのためお葬式などの場面にも向いていると思えるのですが、実はローファーは正装に向かないといわれています。
ローファーとは英語で「怠け者」という意味です。紐を結ばなくても足を入れれば簡単に履くことができます。その手軽さが紐を結ぶのを面倒に感じる怠け者に向いているからこの名前がついたといわれます。こうした説もあり、お葬式などの正装時に向かないといえます。

ただし子どもや学生の場合には、制服に合わせてローファーを履くことも可能です。また革靴でなくても子どもの場合には、派手にならないダークカラーや光沢がないスニーカーでも問題ありません。


お葬式に使える靴のデザインとは

正装で出席するお葬式ではどのような靴の選び方をすればよいのでしょうか。お葬式に適した靴のデザインとして、主に以下のものが挙げられます。


あわせて読みたい

気になるキーワード

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年6月19日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。