法事法要でお供えする精進料理。陰膳(かげぜん)とは?

法事法要でお供えする精進料理。陰膳(かげぜん)とは?

本来「陰膳(かげぜん)」とは、何らかの理由で遠く離れて暮らしている家族のために、その人の分まで食事を用意することです。「影膳」と書くこともあります。

「膳」とは1人分の食器を乗せる小さな台のことで、まだ連絡手段の乏しかった時代、大切な家族が旅先で危険な目に遭ったり飢えたりすることのないように、無事を祈って陰膳を用意していました。今でも故人の極楽往生を願って仏前にお供えしますが、食器の選び方や配置には決まりがあります。


陰膳で使う仏具と料理

陰膳で使用する食器のことを「仏膳椀(ぶつぜんわん)」といいます。「霊具膳(りょうぐぜん)」や「供養膳(くようぜん)」など呼び名は多いですが、霊膳を盛るための仏具のことで、「仏膳(ぶつぜん)」と呼ばれる小さな脚付き台の上に5つの食器と箸が収まって構成されています。陰膳では、毎日のお勤めに使用する仏飯器や茶湯器とは別に、大切な法要のお供えとして仏膳椀を用意します。

陰膳の食器類にはそれぞれ名称があり、仏膳に配置する場所が決まっています。まず、膳の中央に置かれるのが香の物(漬け物)を乗せるための「高坏(たかつき)」です。「坏(つき)」とはお椀よりも浅く皿よりも深い食器のことで、高坏には高めの高台(こうだい)が付いています。座席から見て手前の左側が飯を盛るための「親碗(おやわん)」で、右側が味噌汁や吸い物を入れる「汁椀(しるわん)」です。箸の位置は一番手前になります。次いで、座席から見て奥の右側にあるのが小ぶりで深めの「壷椀(つぼわん)」で、あえ物や煮豆を盛ります。奥の左側にある一番大きい器は、煮物やあえ物のための「平椀(ひらわん)」となります。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年6月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。