【終活映画】『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』元気な時にこそ家族に向き合う終活を

私の選ぶ「終活映画」ですが、もしも製作者のから見たら奇異に映る映画の観方と思われることも多いのかもしれません。今回発見した映画もそんな作品ですが、私にとっての終活要素が満載の、とてもすてきな映画です。『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』をご紹介します。


わかり合えていると錯覚する家族

家族というくくりの中で生きていると「ついついわかり合っているという錯覚がある」と、セミナーでお話しています。誰もが家族のことを愛して、いつも心配をしているのですが、ただ近くにいるだけではわからないこともあるのも事実。しかし、それをも越えて理解しあえていることの方がたくさんあることにも気が付くときがあるかもしれません。

元気のいい時はつい対立しそうな家族でも、その本質、心というのは通じているものなのかもしれません。今回ご紹介するのは、そんな思いを感じさせてくれる映画です。

【終活映画】『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』元気な時にこそ家族に向き合う終活を

音楽が亡き母と、父娘をつなぐ

亡き妻とミュージシャンとして生きてきた父フランクは、妻亡き後の17年間を中古レコード店の経営で生計を立ててきました。しかしお客を選ぶ店主でもあったようで、どうやらその経営はあまりうまく行ってはいないようでもありました。そんな店を閉じることを決断したところからストーリーが始まります。

当然フランクはその先の人生設計を再構築しなければならない状況の中でしたが、彼の楽しみは妻のミュージシャンとしての遺伝子を汲んだ娘とのセッション。ドクターを目指して勉強をしようとする娘の邪魔をしては、一緒に演奏をしようと誘います。娘もまた父親を疎ましそうにしながらも、手元には詩をしたため、父の伴奏で楽しそうに曲をつけてゆくのです。音楽は亡き母と父親フランクと17歳の娘サムをつなぐ大きな鎹のようでした。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年6月24日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。