【終活映画】信頼しあいながらもすれ違う時間。「泣くな赤鬼」

【終活映画】信頼しあいながらもすれ違う時間。「泣くな赤鬼」

同じ時間を過ごした関係でも、その心の中の残像はそれぞれに異なる。それでも懐かしいと思える。同じ思いもすれ違いも、時間を経たからこそ向き合える。死を迎える元生徒とその元教師の関係もまた。信頼しあいながらすれ違う時間を過ごしていました。重松清さんの原作映画化の「泣くな赤鬼」を見てきました。


再開のシーンからずっとあった二人の距離感

10年も前に野球部の顧問と新入生という関係から始まった二人でした。

教師は生徒を心配し、あらゆる方法でその成長を支えようとします。生徒はまたその思いを感じながらも教師との距離感が埋められないままで、レギュラーを嘱望されながらかみ合わない歯車のようにすれ違う。やがて彼が野球を諦める頃には強豪校との呼び声がかかるまでの成長をしながらも、活躍の場を得ないまま彼は、高校までも退学することになります。

冒頭の再開のシーンからずっと二人には距離感が感じられました。普通の教師と生徒という関係とは違ってお互いに少し感情を入れすぎていたからなのでしょう、それでも生徒は先生を頼るように話します。教師は彼のことを忘れるわけもないのに、再開に歓喜の表情はありませんでした。


思い出したくないことの方が、自分史を豊かにする

思い出は振り返ることで、いくらでも輝かせることができる。言葉にして誰かに語ってこそ自分自身の人生はさらに輝くことができるのだということ。

実はこれも終活の大切な考え方で、過去の自分史を積極的に考えることの大切さは、ただ単に楽しい思い出を思い出すことよりも、むしろこの映画のように自分自身では積極的に思い出したくないようなことの方が、その後のこれからの自分史を豊かにするための一つと方法として有効なようです。振り返り過去の自分と向き合って見ることを、お勧めしています。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月25日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。