葬儀に着ていくシャツ。ボタンに関するマナー

葬儀に着ていくシャツ。ボタンに関するマナー

葬儀に参列するとき、喪服をはじめ身だしなみにはさまざまなマナーがあります。例えば男性であれば黒い服に黒いネクタイというスタイルが一般的です。しかしさらに細かいことを言ってしまうと、スーツやシャツのボタンにもマナーがあることをご存じでしょうか。ここでは、葬儀で着用する服装のボタンのマナーについてご説明します。


葬儀での服装の基本

まずは、葬儀における服装についておさらいしておきましょう。男性の場合はブラックフォーマルの礼服を着用するのが一般的です。シャツは白の無地、ネクタイは黒の無地を選びます。靴も黒ですが、金具が使われていないものや光沢のないものを選ぶ必要があります。

女性はスーツ、もしくはワンピースを着用します。色は黒で、ストッキングや靴も同様に黒いものをチョイスしましょう。ストッキングには柄が入ったものもありますが、葬儀の席ではマナー違反になるため注意が必要です。また、肌が露出しすぎる恰好は葬儀の席にふさわしくないため避けましょう。

葬儀の席に求められる服装のマナーと比べると、お通夜はそこまで厳しくありません。普段から仕事で着用している濃いグレーや紺のスーツ、また、全体的に地味で黒っぽい平服でも問題ないケースがほとんどです。訃報は突然訪れることが多く、特にお通夜は「急いで駆け付けた」という意味があるためマナー違反にはならないのです。実際に、仕事終わりにそのままお通夜へと駆け付けるようなケースも少なくありません。


あわせて読みたい

はじめてのいい葬儀ガイドの記事をもっと見る 2019年8月16日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。