V6・三宅健「声にコンプレックスが…」幼少期のトラウマ明かす

V6・三宅健「声にコンプレックスが…」幼少期のトラウマ明かす

4月6日深夜に放送されたbayfm78の『三宅 健のラヂオ』で、V6三宅健が幼少期について話す場面があった。



番組内で三宅は「ファルセットが割と実があるって言われるかも」と、高音の歌声を褒められることがあると話し「自分の声にコンプレックスがあって、あと音楽の授業がすごく嫌いだったんですよ」と、幼少期について話し始めた。



三宅は「小学生の時に家でヘッドホンして、音楽を爆音で聴いて歌ってたの」「それをたぶん母親に聞かれて『あのさ、絶対よそで歌とか歌わないほうがいいよ』って」「それも結構自分ではトラウマだったの」と、音楽が苦手になったと明かした。



また三宅は、どうしても歌わなければいけない歌のテストなどは「全編ファルセットで届ける」「地声の歌を聞かれるのが恥ずかしいから」と、高音の歌声でテストに挑んだと言い「もしかしたらファルセットが強くなったんじゃないかな」と、自己分析していた。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

三宅健のプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「三宅健」に関する記事

「三宅健」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「三宅健」の記事

次に読みたい「三宅健」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク