夏ソングでファンを魅了、アイドル7組が無観客&無料配信ライブを実施!【アイドル無銭配信ライブ1日目レポート】

夏ソングでファンを魅了、アイドル7組が無観客&無料配信ライブを実施!【アイドル無銭配信ライブ1日目レポート】

アイドル12組による無料の生配信ライブイベント「アイドル無銭配信ライブ~supported by ダイキサウンド~」が6月6日と7日の2日間に渡り行われ、YouTubeにて公開された。

アイドルファンの間で定着しているイベント「IDOL CONTENT EXPO ~大無銭祭~」の主催であるダイキサウンドが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け3月からリアルイベントを自粛していたが、ファンにLIVEを届けたいという思いで5月から準備を行い、満を持して今回の「アイドル無銭配信ライブ」を迎えた。



夏ソングでファンを魅了、アイドル7組が無観客&無料配信ライブ...の画像はこちら >>



1日目となったこの日のトップバッターは“3000年に一度の正統派アイドル”SAY-LA。暗転した室内会場に5人が登場し、ライブがスタートした。会場では、照明による演出も施され、パフォーマンスの様子は複数のカメラで撮影。YouTubeのチャットでは「カメラワークいいね」、「音がいい」などのコメントが相次いだ。メンバーのアップ映像も多く、「ちょっと緊張しているかな」などのコメントも。「やっぱり歌っている姿がいい」という投稿がされると、賛同の声が続いていた。



SAY-LAは、「MARIA」、「胸熱アンドロメダ」、「ずるいよ」の3曲をノンストップでパフォーマンス。3曲が終わると、MCタイムに突入し、メンバーたちは、「コロナウイルスの影響でなかなかライブができなかったのですが、やっと生配信という形でライブができ、嬉しいです」、「衣装を着て(ファンに)会うのは何ヶ月ぶり? 観ているみなさんも懐かしいと思ってくださっているのかなと思います」、「自粛期間中はオンライン特典会やコラボ配信などをやったりしてみなさんと接する機会は作っていたのですが、ライブはしていませんでした。やはり、ライブが一番嬉しいです」などと声を弾ませた。「みんながいないからそれでまた緊張しています」と本音を明かす場面もあったが、「画面を観ているみなさんもこの調子で楽しんでください」とメッセージ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク