TAKUYA∞が観客に靴ひもを結んでもらう“珍事”も。UVERworld、結成16周年ライブ敢行!

TAKUYA∞が観客に靴ひもを結んでもらう“珍事”も。UVERworld、結成16周年ライブ敢行!

UVERworldが2016年6月6日、新宿のライブハウスBLAZEで結成16周年記念ライブを行った。



新宿歌舞伎町に位置するライブハウスであることと関係あるのか、映画「新宿スワン」の挿入歌として起用されたアッパー曲「Collide」からライブはスタート、祝福に集まった約800人のオーディエンスはのっけから最高潮に達する。



序盤をあっという間に終えると、恒例となっているドラムの真太郎のMCでは「日本一卑猥な街、新宿にやってきました!」と得意の下ネタで“失笑”を誘った。



曲の合間合間にボーカルのTAKUYA∞は、16年を振り返り、メンバーそれぞれとの関係性や、過去に自分がドラムをやっていたバンドではギターの克哉、SAXの誠果がボーカルだったなどのエピソードを語り「メジャーでやれなくなったって、ライブハウスでライブができなくなったって、俺は自分の家ライブをやる!」という話とともに、中学生のときに、自宅に先輩ら5人くらいを招いてライブをしていた話など、自身の音楽への愛情を語った。



また、客席まで細くせり出したステージまで出て行った際、もみくちゃの中でボーカルTAKUYA∞のほどけた靴ひもを、
オーディエンスの一人が結び直してくれるという珍事も勃発、その何曲か後に、TAKUYA∞の「気づいてるからな、さっき俺のほどけてた靴ひも、結んでくれたやついただろう!?しかも結んでくれたあと、”トントンって、終わったよ”ってやってくれただろう!!」という発言に、ストイックなライブながらも会場は爆笑に包まれた。


あわせて読みたい

イータレントバンクの記事をもっと見る 2016年6月7日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。