薬丸・TOKIO国分・V6イノッチのシブがき隊復活に一番興奮したのは?ネット上で思わぬ盛り上がり。

薬丸・TOKIO国分・V6イノッチのシブがき隊復活に一番興奮したのは?ネット上で思わぬ盛り上がり。

29日放送のテレビ東京系「テレ東音楽祭」で1夜限りの復活を遂げた“シブがき隊”のパフォーマンスに、SNS上で意外な反応が続出した。



番組終盤、同局の人気番組「アド街ック天国」とのコラボ企画“シブがき隊復活”と銘打ち、まずは同番組でMCを務めるV6の井ノ原快彦が登場。司会の国分太一に「イノッチ、いつもと髪型が違うよね?」と指摘された井ノ原が満面の笑みで答え「モックンです!」と答え、「ということは……!?」という国分の振りでシブがき隊のオリジナルメンバー・薬丸裕英が登場した。



開口一番「ここでいいの? 俺、元ジャニーズだけど」と現役ジャニーズと並ぶことを謙遜した薬丸を、「現役とのコラボですよ!」と迎え入れた国分や井ノ原たち。大先輩とのコラボということもあり、井ノ原は「こんなに真剣に振付やったの久々ですよ!」と緊張しきりだったが、この3人でシブがき隊の曲「100%…SOかもね!」を披露することが発表されると、国分は「なぜ薬丸さん、オファー断らなかったんですか?」と薬丸に問いかけて笑いを誘った。



シブがき隊としては28年ぶりのパフォーマンスになるという薬丸は、引退してから歌も踊りも一切やっていなかったことを告白。しかし「アド街ック天国」への出演が今年で20年目となり、自身の年齢も50歳という記念日が重なったことから、今回の復活オファーを受けたのだという。



その後、スタジオでデビュー当時のシブがき隊のVTRが紹介されると、薬丸は「これから歌うのにテンション下がるわ」とツッコんでいたが、井ノ原と国分は「もしかしたら今の方が踊れてるかもしれませんよ?」「キレッキレでしたから!」と大先輩にプレッシャーをかけたが、満を持してスタジオで披露した「100%…SOかもね!」では、薬丸が後輩2人に全く負けない見事なパフォーマンスで観客を大いに沸かせた。


あわせて読みたい

気になるキーワード

イータレントバンクの記事をもっと見る 2016年6月30日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「稲垣吾郎」のニュース

次に読みたい関連記事「稲垣吾郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東山紀之」のニュース

次に読みたい関連記事「東山紀之」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中島裕翔」のニュース

次に読みたい関連記事「中島裕翔」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。