女性デュオ「花*花」テレビから突然“さよなら”していた理由を赤裸々告白。「まさかの…」

女性デュオ「花*花」テレビから突然“さよなら”していた理由を赤裸々告白。「まさかの…」

27日深夜放送のテレビ東京系「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告」で女性デュオ・花*花が活動休止の理由について語る場面があった。



花*花はボーカルのこじまいづみ、ピアノのおのまきこによる2人組。1998年にインディーズデビュー後、5thシングルの「あ~よかった」がラジオでオンエアされたことをきっかけに人気に火が付き、2000年に同楽曲を引っ提げてメジャーデビューを果たした。彼女たちがリリースしたメジャーからの2ndシングル「さよなら大好きな人」もヒットを記録し、現在までさまざまなアーティストによってカバーされるなど、普遍的で良質な楽曲は現在まで高い支持を受けている。



しかし、2003年に花*花は活動休止を発表する。理由を聞かれたおのは「これはですね、事務所がなくなるっていう、まさかの…」と真相を話した。当時、花*花が所属していた事務所の親会社は、クレーンゲームの景品を作るという事業が中心で、彼女たち以外のアーティストもおらず、その活動は全くの別業態だったそう。



中国の工場で感染症のSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した際に会社の経営状況が傾き、音楽事業部門を取りやめることになったと説明する。おのは「年末に『来年のコンサートはどうするか?』とか『ツアーはいつやるか?』とか話し合いをした直後に『ちょっとふたり残ってくれ』って言われて、マネージャーに『実はな、事務所なくなります』って言われたんです」と当時を振り返る。


あわせて読みたい

イータレントバンクの記事をもっと見る 2016年10月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。