「犯人誰なのー!?」菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」ママ友修羅場・年下イケメンの誘惑…。ドロドロ急加速に「ひたすらに怖い」「不倫させて」

「犯人誰なのー!?」菅野美穂主演ドラマ「砂の塔」ママ友修羅場・年下イケメンの誘惑…。ドロドロ急加速に「ひたすらに怖い」「不倫させて」

昨夜、第3話が放送された菅野美穂主演TBS系ドラマ「砂の塔~知りすぎた隣人」。



第3話では、さらに複雑化するママ友たちとの関係や、亜紀(菅野美穂)と生方(岩田剛典)との縮まっていく距離、そして、これまで物語のもう一つの柱として描かれてきた、幼児が次々と連れ去られ行方不明になる「ハーメルン事件」が起こってる中、ハロウィンの仮装パレードに紛れて、亜紀の娘のそら(稲垣来泉)が見知らぬ人物に連れ去られてしまい…という展開を見せた。



この日、一番注目が集まったのが「ハーメルン事件」の行方だ。そらが連れ去られ、それを助けたのが弓子(松嶋菜々子)。犯人は逮捕されたが、結局模倣犯と認定され、真実はまだ闇の中だ。この展開に視聴者からは「砂の塔怖すぎ~~。犯人誰~!」「ハラハラドキドキしたー。犯人誰なのー!?」「怖いけど次の展開が読めないからおもしろい」と感想が上がっていた。



また、劇中には、生方(岩田剛典)が酔っ払い、亜紀(菅野美穂)を抱き寄せる、と言うシーンもあり「岩ちゃんの酔っ払ってるとこかわいかった」「砂の塔の岩ちゃんやばいよね。王子様感が半端ない」「岩ちゃんなにやってんねーん(笑)子持ちに手出したらあかーん(笑)」「岩ちゃんみたいなイケメンが結婚した後に現れてめっちゃ守ってくれたらすぐ不倫するな私www」「岩田と不倫させてくださーい」など、羨望の声も相次いだ。



来週以降、ハーメルン事件の行方はもちろん、不気味に暗躍する弓子の狙い、亜紀と生方の関係、和樹(佐野勇斗)の“闇”など、ますます盛り上がりを見せそうだ。



写真:(c)TBS

あわせて読みたい

イータレントバンクの記事をもっと見る 2016年10月29日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。