最上川司が故郷・山形で凱旋コンサート。800人の地元ファンを熱狂。初挑戦の和太鼓や殺陣も披露

最上川司が故郷・山形で凱旋コンサート。800人の地元ファンを熱狂。初挑戦の和太鼓や殺陣も披露

現在、演歌歌手の活動と並行してビジュアル系バンド、THE MICRO HEAD 4N’S(読み=マイクロヘッドフォンズ)のドラマーとして活躍中。昨年6月10日に自作詞・曲の演歌「まつぽいよ」で念願の演歌歌手としてソロデビューし、全国キャンペーンをはじめ、テレビ、ラジオ、それに台湾公演などを精力的にこなし、特に故郷・山形では、子どもからお年寄りまで幅広いファンを獲得。月に3度は山形でのイベントなどにも参加。山形放送ラジオとFM山形でのレギュラー番組を持ち、地元の自動車販売会社のCMにも出演するほどの人気者だ。



そんな活動の総決算ともいえる今回のコンサート(2回公演)に延べ800席のチケットは早々と完売。



地元の熱狂的ファンらで満席の中、1曲目のイントロで白幕の向こうにシルエットが現れ、白幕が落とされた後に最上川が現れると、客席から「ワァーッ!」という大きな歓声がわき起こり、「山形の皆さん、ただいま!」とあいさつ。すると、客席から「おかえり~!」という声が返ってきて、「家族で来た人も友だちと来た人も一人で来た人も、僕がロマンチックあげますから暖まって帰ってください」と呼びかけ、スタート。



「僕は、小さいころからおじいちゃん子でした。そのおじいちゃんが、高校の卒業旅行の間に亡くなってしまいました。死に目に会えなかったんです。おじいちゃんに『ありがとう』という感謝の気持ちを伝えられなかった分、いま自分のまわりにいる人たちに感謝の気持ちを伝えていきたい。『こんなに満員になって本当にありがとう』と伝えたいです」


あわせて読みたい

イータレントバンクの記事をもっと見る 2016年12月19日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。