乃木坂46&日向坂46、大人気の「THE FIRST TAKE」出演で広がるメンバー個々の魅力

乃木坂46&日向坂46、大人気の「THE FIRST TAK...の画像はこちら >>



今、さまざまなアーティストの“一発撮り”パフォーマンスを届けるYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」に、坂道グループの出演が増えてきている。「THE FIRST TAKE」はこれまでにDISH//の北村匠海やYOASOBI、LiSAといったアーティストが特に大きな反響を呼び、ヒットを生み出してきたチャンネルで、いまや登録者が624万人(※2022年5月20日現在)を超える大人気コンテンツだ。このチャンネルで坂道グループのメンバーは、どのような足跡を残してきたのだろうか。これまでの出演を振り返ってみたい。



坂道グループで、「THE FIRST TAKE」に初出演したのは、乃木坂46の遠藤さくらだ。披露したのは、過去に結成10周年の記念セレモニーの最後の曲にも選ばれ、昨年末放送の『第72回NHK紅白歌合戦』でも歌われるなど、ファンの間でも人気の楽曲「きっかけ」。同チャンネルで公開されているPodcastで、「出てるアーティストさんに圧倒されてた感じ」と語っていたこともあり、ソロ歌唱に緊張もしていたようだが、そんな中でも、遠藤に「大事な一歩をくれた」という同曲の魅力を伝えようとするひたむきな姿と優しい歌声は、グループのファンのみならず、「THE FIRST TAKE」ファンの心にも届いたようだ。



乃木坂46にとって2組目の出演となった生田絵梨花(2021年12月卒業)、久保史緒里、賀喜遥香の3人が歌ったのは、切ない恋心を表現した楽曲「やさしいだけなら」。乃木坂46の中でも歌唱力の高いメンバーとして知られる3人が揃ったこともあって、コメント欄では歌声に対する感動の声が寄せられた。アイドルとして、華やかな衣装やダンスパフォーマンスでも注目を集める乃木坂46だが、歌唱力の面でも高いレベルを誇るメンバーがいることを広く伝えるきっかけになったのではないだろうか。なお、賀喜は自身のブログで、生田・久保は憧れの先輩であり、今回の共演はとても緊張したと明かしながら、「私なりの精一杯をだせたんじゃないかなと思います」と振り返り、充実感を覗かせていた。