三浦翔平、映像作品の“倍速・ネタバレ視聴”に俳優として意見「一生懸命作ってるわけですよ」

三浦翔平、映像作品の“倍速・ネタバレ視聴”に俳優として意見「...の画像はこちら >>



5月18日放送のNACK5『三浦翔平 It's 翔 time』に、三浦翔平が出演した。



番組では、ドラマや映画の再生速度を速くして見る“倍速視聴”をする若者が増えているという話題が展開され、三浦は「作り手のこちらとしては、60分だったら60分、映画だったら2時間半だったら2時間半の物語を一生懸命作ってるわけですよ」とコメント。



続けて、「セリフとセリフの間合いだったり、その受け取った後の表情だったりっていうものに意味があるの」「それで物語が成り立ってるのにも関わらず、2倍速で見られてしまったら、ただ内容をさらうだけじゃないかと。それでいいのか?と」と私見を述べた。



この流れで、あらかじめ物語の結末を知ってから見る“ネタバレ視聴”をする若者も多いという話になり、結末を先に知ろうとする理由のひとつに“心を乱されたくない”というのがあると聞くと、三浦は「我々の仕事は、心を乱す仕事なんですよ。感動だったり夢を与える、役を通して作品を通してそういうのを伝える、心を乱してるわけですよ」と語っていた。