日向坂46加藤史帆、佐々木久美と行ったUSJで泣きそうになった理由とは?「好きすぎて…」

日向坂46加藤史帆、佐々木久美と行ったUSJで泣きそうになっ...の画像はこちら >>



6月21日に放送された文化放送『レコメン!』に、日向坂46・加藤史帆が出演した。



番組中、加藤はユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行ってきたといい「ホグワーツのエリアあるじゃないですか。ハリー・ポッターのエリア。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの」「あそこって絶対マストじゃないですか。私たちハリー・ポッター好きからしたら」と切り出した。



続けて「もうそこの三本の箒のテラスのところで、ホグワーツ城が見えるテラスのとこあるじゃないですか」「あそこでなんかもうハリー・ポッターが好きすぎて、辛くなってきちゃって」「なんか3回ぐらい泣きそうになったんですよね」と発言。



それを聞いていた出演者が「好きすぎて泣くって重っ!」とツッコむと、加藤は「ハリー・ポッターが好きすぎて辛くなっちゃって。大阪のあそこにいれる時間って、東京に住んでるからないじゃないですか。苦しくなってきて、食べながらウルウルずっとしてて」と振り返った。



そして加藤は「佐々木久美さんっていうキャプテンと行ったんですけど、『久美さんってこういう時ある?』みたいな。好きすぎてしんどい…」と振り返り、出演者から「もうね、久美ちゃんに感謝しなよ、ほんとに。『うるせー!』って言われるから、他の人だったら」と笑いまじりに言われると、加藤は「支えてくれました」と話していた。