乃木坂46伊藤理々杏、“憧れの先輩”齋藤飛鳥への思いを明かす「めちゃくちゃカッコいいので…」

乃木坂46伊藤理々杏、“憧れの先輩”齋藤飛鳥への思いを明かす...の画像はこちら >>



7月2日、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネル『動画、はじめてみました』にて、『オーイシマサヨシ×鈴木愛理のアニソン神曲カバーでしょdeショー!!』が更新され、乃木坂46伊藤理々杏が同グループの齋藤飛鳥から受けた“影響”を語った。



動画の中で伊藤は、齋藤を“神レベルに尊敬している”として、「たまたま観てたテレビ番組、バラエティの番組で齋藤飛鳥さんが出演されていらっしゃって。一目ぼれして、そのあとググって“あっ!この人乃木坂なんだぁ”と思って、そっからどんどんファンになっていったって感じですね」と回想し、齋藤に一目ぼれしたことがきっかけとなり、中学2年生のときにオーディションを受け、3期生としてメンバーに加入したと説明された。



また、伊藤は中学生時代、乃木坂46メンバーと恋が出来るという恋愛シミュレーションゲーム『乃木恋~坂道の下で、あの日僕は恋をした~』のアプリをダウンロードし、伊藤は「迷いなく飛鳥さんを選択して、攻略してました」とコメント。



これに、共演者から「実際に会ってからは彼氏ヅラとかしなかったんですか?攻略済みなんですけどって」と冗談交じりに問われると、伊藤は「いやいやいやいや!話しかけられないんですよね…もう5年とか6年目になるんですけど、未だにちょっと緊張しちゃって」「ちょっとでも会話したらルンルンで記憶して帰るみたいな」と明かした。



続けて「飛鳥さんのパフォーマンスめちゃくちゃカッコいいので、すごい参考にしたいなぁと思ってて。特にカメラにバッて抜かれたときの目線とか、瞬きとかがすごく飛鳥さん素敵なので、ちょっと真似しちゃったりしてますね」とも話していた。