「あれが最後」中居正広、10年以上前の出演ドラマが“遺作”に?「簡単にできないですよ」

「あれが最後」中居正広、10年以上前の出演ドラマが“遺作”に...の画像はこちら >>



6月16日放送のフジテレビ系『だれかtoなかい』にて、中居正広が自身の仕事事情を明かした。



番組内で、中居が収録が終わると“あるポーズ”をするという話題になると、中居は胸の前で手を広げるポーズを再現しつつ、「はい、終わりました」「近寄らないでください」「もう終わったんで連絡先とか聞かないでください」「この流れで飲みに行きましょうかみたいな雰囲気は出さないでください」とポーズの意味を解説。

ドラマでもそんなにしゃべらないですね、共演者と」と話した。



この流れで、ゲストの河合優実から“小学生の時にTBS系ドラマ『ATARU』を見ていた”と言われると、「10年以上前ですけどね」と笑った。



続けて、「僕はあれからドラマの話は一切来てないですね」「あれが最後ですよ。あれ、遺作」「来ないんですもん。簡単にできないですよ、連ドラなんて、出られないですから」と明かしていた。