永野芽郁主演『半分、青い。』視聴者を釘付けにする3つの魅力

永野芽郁主演『半分、青い。』視聴者を釘付けにする3つの魅力

現在、放送中のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』が、SNSで大きな反響を呼んでいる。



岐阜県で生まれた楡野鈴愛(永野芽郁)が片耳の聴力を失っても、家族や幼馴染の萩尾律(佐藤健)に支えられながら夢に向かって前向きに奮闘する姿を描いた同ドラマ。



主人公の鈴愛は律とお互い特別な存在として育っていく。片耳の聴力を失った鈴愛は、不自由ながらも独特なアイデアでポジティブに生活を送っていたのだが、就職活動で壁にぶつかってしまう。そんな時、絵が得意な鈴愛に律から漫画を描くことを提案され、鈴愛はとある縁から人気少女漫画家・秋風羽織(豊川悦司)に出会い、反対する両親を説得すると、秋風の元に弟子入りし、漫画家を志すため上京する。



その後、物語は東京が舞台となり、漫画について学べると希望に満ちていた鈴愛だが、掃除や食事の準備などをする“飯アシ”を任される。一方、律も志望していた大学には行けず、東京の私立大学へ進学し、2人は別々の生活を送りながらも近い距離で過ごす。失敗や仲間との衝突などを乗り越えながら、少しずつ漫画家への道を切り開いていく…という展開を見せている。



今年4月2日に放送が開始されて以来、連日SNSを賑わせている同作品。近年のドラマのヒットの要因には、SNSでの盛り上がりが挙げられることも多いが、『半分、青い。』の放送時間帯には、Twitterのトレンドをその日の放送のキーワードが占めることもしばしばだ。視聴者の心を掴み、思わず投稿せずにいられなくさせる同作品の魅力とは一体何なのだろうか?


あわせて読みたい

イータレントバンクの記事をもっと見る 2018年6月10日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。