26時のマスカレイド、メジャーデビュー作でオリコン1位宣言

26時のマスカレイド、メジャーデビュー作でオリコン1位宣言

5人組アイドルグループ、26時のマスカレイド(以下、ニジマス)が、5月12日に東京・品川ステラボールでワンマンライブ『ニジマスワンマン公演ニジマスストーリー第5章 ~ 26時のオープニングセレモニー ~』を開催した。



夏にメジャーデビューを控え、勢いに乗るニジマス。本公演は、初の2大都市ワンマンライブ(大阪・BIGCAT公演は5月19日に開催)の東京公演。チケットはソールドアウトとなり1600人を動員。



ライブ中には、8月7日にリリースされるメジャーデビューミニアルバムから、SILENT SIRENのすぅが作詞を手がけた新曲「ちゅるサマ!」を初披露。11月23日に、東京・昭和女子大学 人見記念講堂でグループ史上最大規模の初ホールワンマンライブが開催されることが発表された。



超満員に膨れ上がった会場は、開演前から期待感に溢れている。オープニング映像が流れ、ステージ後ろの大きな白い扉から江嶋綾恵梨、大門果琳、来栖りん、吉井美優、森みはるのメンバー5人が登場すると、夢に向かって進んでいく思いを歌う「七色のツボミ」でライブがスタート。



「みんな楽しんでいきましょー!」の声とともに弾けるアップチューン「B dash!」が披露され、観客も大歓声で応戦。続けて、キャッチーなサマーチューン「チャプチャパ」が歌唱されると会場はさらにヒートアップした。



ニジマスは、様々なジャンルの楽曲揃い。ソリッドなロックチューン「ベールの夜明け」をプロジェクションマッピングをバックにパフォーマンスしたかと思えば、「仮面に隠れたセレナーデ」ではスウィングジャズのサウンドで華やかなムードを醸し出す。メンバーの自己紹介ソング「LOVE & FISH」が披露されると、シャッフルビートで会場は賑やかなパーティー感に包まれた。


あわせて読みたい

イータレントバンクの記事をもっと見る 2019年5月13日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。